« 2018年10月 | トップページ

2018年12月

2018年12月30日 (日)

2018冬コミに出展します

今冬も、仲間たちと作ったサークルでコミケに出店します。

東京ビッグサイト コミックマーケット95
3日目(12月31日)月曜日 東地区「S」ブロック08b 「占い館みーしゃと椎羅」です。


毎期発行している同人誌「占術夜話」も2018年冬号を発行します。
僕は前回に引き続き「紫微斗数全書の研究(5)」と題して、今回は「諸星問答論」のうち紫微星、天機星、太陽星、武曲星のパートを訳出・解説した文を寄稿しています。また実践例として前回に続きダイアナ妃の紫微斗数命盤を、格局を中心に分析したエッセイを寄稿しました。簡単な分析例ですが、なにかの参考になれば幸いです。

2018_2
のほか、
いつものように紫微斗数の超入門書「はじめてのかんたん紫微斗数」や「紫微斗数タロット」、「奇門遁甲房中術(増補改訂版)」、過去の占術夜話のバックナンバーなどを頒布いたします。

今回も僕は当日は会場には行けないのですが、東京のサークルメンバーが対応いたします。年末の忙しい時期ではありますが、ご興味のある方は、どうぞいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

2019年筮(冬至の日に)

昨日は冬至。
ということで、今年も年筮を立ててみました。易者の間では、冬至の日に翌年1年の運勢を占う「年筮」を立てるという習わしがあります。

得た卦は「山風蠱」の三爻変。
なんか面白い。実は去年得た卦も同じ「蠱」卦だったのです。去年の書き込みはこちら
 
そこに書いてあるとおり、今年は流れが大きく変わるとき。古きものが終わり新しきものがはじまる。というふうに解釈しました。で、今年はどうだったかと言うと、確かにある意味流れが変わったこともありましたが、それは受動的なもので、自分ではそんなに大きく変わったという印象もなく(家内に言わせると格段に家事スキルはアップしたらしいですが(笑))、術数方面での活動が少し変わったくらいでしょうか。あるいは俗に言う腐敗という事象があったかというと、そういうこともない。
 
なんか易の神様に「今年は新しいことにチャレンジして流れを変えんとあかんかったのに、もひとつでんな。ほたら来年もっかいやりなはれ。」ってハッパかけられたみたいなーww
 
来年はちゃんと大川を渡ろう(笑)。今年は流れが大きく変わるときではあるが、まだ積極的に打って出る運勢ではない。でも来年はもうちょっと積極的に行動してもよさそうです。
 
また九三は「父の蠱を幹す。少しく悔あれど大なる咎なし。」とありますので、先年旅立った父親の遺品整理にやっと取りかかる、ということかも知れません。あるいは、なにか師匠や先輩・仲間の仕事を手伝うことになる、のかも知れません。
 
ということで、終えるものは終え、くぎりをつけるべきものはくぎりをつけ、始めるものは始め、次の流れに乗る。そんな1年にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ