« 2017年12月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年3月

2018年3月16日 (金)

そだねー。

平昌オリンピックで大活躍した女子カーリング選手たちの「そだねー」という台詞(方言?)が可愛いと評判である。なんか今年の流行語大賞にノミネートされそうな雰囲気すら感じる。

なぜこんなことを書いたかというと、先月、関西での研究会で、お題を頂戴したからである。いつも研究会では、原典研究やその他の講義を行なう他、実践研究として受講生からリクエストのあった命盤をみんなで読んだり、生時のわかっている歴史上の人物や芸能人など、有名人の命盤を作って読んだりしている。先月、ひととおり講義が終わって、何かお題のリクエストありませんか?と聞いたところ、この女子カーリングの勝敗を占おうという声が上がったのだ。

どうもこういった大きなスポーツの試合があるときに研究会をやると、このような勝負占のお題を頂戴する。前にもそんなことを書いたことがある。そこでも書いたが、すぐに結果がわかる勝負占はとてもドキドキするのである。勝つか負けるか、という明確な誰にでも結果のわかる勝負占。はすしたらどうしよう。。 なのである。

おりしも、先日の試合で韓国チームに敗退を喫し決勝戦には進めなかった。その日の夜の英国との戦いで勝てば三位入賞、というタイミング。みなさん気になるのももっともである。そこで紫微卜占。

「じゃあ今の時刻で盤を組んでみて」と僕は言った。出た卜占盤を一目見て、これは日本が勝つ、と思った。実に明確な結果が表示されている盤であった。受講生の方は「え?どうしてですか?」と。

読者のみなさんも一度この盤を作盤してみていただきたい。
2018年2月24日 申刻 である。
いかがであろう。僕には明白と思えるのだが。

とはいえ、いつものことであるが、その夜は結果が気になって仕方がない。断言したてまえ、はずしたら講師の面目まるつぶれだ。帰ってすぐにTVのスイッチを入れ、普段は見ないカーリングのゲームをチェックする。ルールもよくわかっていない。こんなに長時間かかるゲームだとも知らなかった。結果はみなさんご存知のとおり日本チームは英国チームに勝って銅メダルを手にした。ほっとした。ただ、なんか最後は相手方のミスで手にした勝利のようにも見えた。いや、僕はルールもわかっていないので、よくわからないんだけども。この盤からは楽勝、大勝と読めるのだが、どうもそういう試合展開でもなかったようだ。知らんけど。

次回は、この盤の検討会からはじめよう。カーリングに詳しい受講生の方に、カーリングのことを教えてもらいながら。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年8月 »