« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

夏コミに参加します。

Photo_2
一昨年の冬コミ(コミックマーケット)から参加している僕たちのサークルですが、今年は夏コミもうかったので、8月の夏コミに参加します。

コミックマーケット90 8月14日(日) 東地区”ハ”ブロック24b
(コミケ自体は8/12〜8/14の3日間ですが、僕たちの展示は8/14(日)です。)

今回も、「紫微斗数タロット」「はじめてのかんたん紫微斗数」「奇門遁甲房中術」などのグッズや冊子の他、同人誌「占術夜話」を販売いたします。

同人誌の詳細については、こちらのメンバーのサイトをご覧ください。諸先生方からいただいた原稿を見ると、だんだん濃くなってきました。回を追うごとに濃くなっていきますね。

また、今回は旧友のヘイズ中村氏のブースと隣どうしだそうな。拙ブースはもとより、ヘイズ氏のブースもよろしくお願いします。

ただ、今回は諸事情で僕は当日は参加しません。当日は東京の仲間たちにすべておまかせしようと思っています。僕はいないのですが、ご興味のある方(暑い季節の真っ最中ですが)どしどしおいでくださいませ(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

英国EU離脱、そして総選挙(福岡研究会その2)

前回の記事の続きです。

そのような時事の話題をイントロに、講座がはじまりました。その日は、メンバーの命盤をみんなで読んでいくことを課題にしました。研究会では実際の命盤解析、実践研究をメインに研究を行なっているのですが、どこの研究会でも歴史上の人物や時の人の命盤もいいけど自分の命盤を読みたい、という声が上がります。そりゃそうですよね。気になるのは自分の運命、自分の人生。ということで、今月(6月)は福岡でもやりました。

ある会員の方のお母様が亡くなった年を辿ってみると、その年は太陰星に化忌が飛ぶ年でした。なるほど、こんな出方をすることもあるんだよなあと、僕も勉強になりました。また生時のわからない人の生時推定にもトライしました。ある会員さんの命盤を5枚出して(夜生まれだというのが唯一の手がかりです)みんなで、あーでもないこーでもないと。どうやらこれだろう、という盤を特定しました。プライバシーや個人情報保護の観点から、その他具体的な内容については、ここではご紹介できません。申し訳ありません。

ということで、個人のプライバシーは侵害しちゃいけないんだけど、有名人著名人は、ある程度オープンになっていますし、その範囲ならまあいいんだろうと、有名人の命盤も素材にしています。今回は表題に上げた総選挙の2人。とはいえ来る7月10日に予定されている参院選ではなく、もっと罪のない総選挙、先般行なわれたAKB選抜総選挙です。罪のないと言いましたが、熱烈なファンにとっては参院選よりも気になることかも知れません。また逆に興味のない方にとっては、なんじゃそれ?かも知れません。ごめんなさい。

AKB選抜総選挙は結局、下馬評のとおり最後は「さしこ(さっしー)」こと指原莉乃と「まゆゆ」こと渡辺麻友の一騎打ちになりました。結果はさしこが2年連続の優勝、まゆゆが1位奪還ならずの2位でした。総選挙の終盤、みんながどっちが1位かと固唾を飲んで見守る中、まゆゆが2位で呼ばれました。そのときの彼女のスピーチの第一声が「いや〜〜、くやしいっっっ!」というものでしたが、むしろそれがとても爽やかで(^^ かたや第1位のさしこのスピーチで「どうか私を1位として認めてください」というのが、いかにもさしこらしくてよかったです。彼女はそのようなことを自分で言ったり自虐ネタにするくらい、AKBというアイドルグループの中では企画もの的な存在です(自分でもそう言っています)。そんなさしこが2年連続の1位で、王道のアイドルと言われたまゆゆが2位。その命盤を見て比較したいというのは占い師の常であります。

このスピーチの中でさしこは「私はスキャンダルで仕事が増えましたし、スキャンダル成金と思われてもしかたがないような仕事っぷりなんですが」と、またまた自虐ネタ的なことも言っていますが、ファンはよくわかっているので、そういうのも含め彼女を応援しているのだと思います。よくご存知でない方のために少し解説しますと、彼女は2012年にスキャンダルを起こします。その結果AKB48からHKT48に移籍(左遷)させられます。しかし逆にそのことをバネに2013年の第五回選抜総選挙では1位を獲得するのです。また、彼女はバラエティーに引っ張りだこで、アイドルというよりは芸人として芸能界で息長く活躍する、という人もいます。

まゆゆは、第一回選抜総選挙から4位に入り、そしてその後もずっと上位7位以内(神セブンと言います)をキープし、2014年には1位を獲得します。その意味で安定的にファンの人気を獲得している典型的なアイドルだと言えるでしょう。

ではその2人を見てみましょう。アイドルや芸能人の生年月日時を入手するのは(その信憑性も含めて)とても困難なのですが、この2人のデータをさる筋から入手したので(とは言え、さしこは自分のブログに生年月日と時間も0時ころ、とアップしています)、作ってみました。もちろん芸能人ですから真の生年月日時が違う可能性もありますが、とりあえずこれで見ます。

指原莉乃 1992年11月21日0時頃 大分生まれ
渡辺麻友 1994年3月26日6時頃 埼玉生まれ

いずれにしても現在人気絶頂のアイドルグループのファン投票1、2位の2人です。まずは運が強い(少なくとも10代〜20代前半の後天運は強い)だろう、また桃花もあるはずだ、ということを思いながら命盤を作ってみました。みなさんもぜひこの生年月日時をもとに命盤を作ってみてください。いかがでしょうか。

紫微斗数命盤を見ると、さしこはいかにも、という感じですね(笑)。命宮が亥の廉貞貪狼です。しかもそこが身宮。桃花もあるのですが、どちらかと言うとちょっと曲がった桃花。アイドルというよりはバラエティーという評価もうなずけます。また命宮が身宮なうえに三合宮に武曲七殺紫微破軍がある。よく言えばものすごくタフで頑張り屋の努力家、悪く言えば我が強い(まあ、我の弱い人は生き馬の目を抜く芸能界でとてもやってられないでしょうが)。逆境を跳ね返しピンチをチャンスにする力があるのでしょう。音楽や芸能、芸術やエンターテイメントに向き、偏業運がありますので、このように芸能界で活躍できるのでしょう。で、実際にスキャンダルの暗示も命盤に見えます。彼女は14歳からの行運がとてもよいのです。なのでピンチをチャンスに変え、トップをキープすることができるのでしょう。胃と血圧に注意すればおおむね健康に過ごすことができるでしょう。

一方まゆゆですが、彼女はものすごく運がいい。三奇加会もしています。安定してバランスのとれた運勢です。桃花もありますが、わりと純粋な桃花。スキャンダルの可能性は少ないと思われますが、やはり異性には注意した方がいいでしょう。彼女も努力家の頑張り屋ですが、みんでわいわいというよりは、ひとりでコツコツ努力するタイプですね。ひとりの時間を大切にしたいと思う人です。でも努力して得た結果は周囲に示したいと思います。努力を認められたいという思いが強い。それとは別に、日常生活では世話好きな一面があります。命宮の天相は、人をサポートすることで認められる星なので、AKBの中では妹キャラとして人気を得たのでしょう。でももう先輩たちがほとんど卒業する中で、これからは自分がお姉さんにならなくちゃいけない。彼女は岐路に立たされています。彼女は今後どのような方向に進めばいいのでしょうか。彼女の命盤を見て思うのは、先天運もすごくいいのですが、後天運がまたすごくいいんですよね。ずっと幸運期、順運期が続く。うらやましい人ですね。なので今後も芸能界で活動するのもいいですが、事業運もあるので、全く別の方面で活躍することもあるのかなと思います。また、山口百恵のようにすぱっと芸能界を引退し、素敵な旦那さんを見付け、幸せな家庭を築く、そんな人生もありかと思います。

2人の命盤を見て気がついたのですが、どちらも奴僕宮に太陽が旺じて入坐しています。アイドルやタレントにとって奴僕宮はファンを表します。ファンにとってアイドルというのは、太陽のように輝いている存在なのでしょうか。むかしYou are my sunshine.と歌うラブソングが流行りましたっけ。

と、ここまで書いて気がついた。ちゃんとした(?w)方の総選挙。参院選の投票日の7月10日は東京の研究会ではないか。期日前投票に行ってこなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »