« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

人相見の達人(「私の履歴書」から)

日経新聞の朝刊に「私の履歴書」というコラムがある。朝刊に毎日連載されているもので、功成り名遂げた人士が自分の来し方を振り返った半生記といった体の、いわば短い自叙伝である。新聞の性格上、ビジネス・実業の分野での名士が多いが、その他にも文化人やスポーツ選手なども名を連ね、なかなかに多士済々である。

紫微斗数という命占を研究しているので、ある人がどういった人生の軌跡を送ったのかということに、大変興味がある。自伝であるし限られた紙面であるので、カットされたエピソードも多いであろうが、人生というものを考えるのに大いに参考になる。これでそれらの方々の生年月日時が掲載されていれば言うことはないが、そこまでは望めない。僕が記憶する限り、生年月日時まで記述された方は、淀川長治氏と加山雄三氏のみである。

毎月回り持ちで筆者が変わるのであるが、先月のライターは、大丸の社長を経て現J.フロントリテイリング相談役の奥田務氏であった。大変興味深く拝読させていただいたが、その中にひとつ占い師の興味をそそるエピソードがあった。

氏がまだ中学生の頃、学校から帰宅途中のことである。「ある雨空の日、帰宅途中の電車の中で私の顔をジロジロ見ている初老の男性がいて近づいてきた。目の前で止まると『わしは人相を見るのが得意なんや。あんたは出世する相を持っている。このことを覚えときや』。そう言うと離れていった。不思議な時間。ただ、出世という意味はわかっていなかった。」(日本経済新聞2015.12.06朝刊32面)

確かに氏はその後大会社の社長となり、こうして日経新聞の「私の履歴書」に名を連ねる。間違いなく大出世した人である。この初老の男性の人相は的中した。彼はプロの人相見だったのだろうか。それともアマチュアの占いマニアだったのだろうか。いずれにせよ相当の腕前であると言わざるを得ない。彼が見て、よほど顕著な出世の相が出ていたのだろう。電車の中で見ず知らずの少年に、思わずそう言ってしまうほどに。

小説や映画や漫画の世界では、街頭の易者が道行く人を呼び止めて「おぬしにはただならぬ凶相が出ておる。なに見料はいらん。ちょっとこっちに来てよく見せなさい。。」なんて話はよく聞くのであるが、現実にもこういうことがあるのだなあ。

その初老の男性、奥田少年の顔のどこをどう見て出世間違いなしと判断したのだろう?

気になる。


【蛇足】

その後、奥田少年は大学を卒業し大丸に入社する。新入社員となった氏が配属されたのが大丸京都店。そこでは京都という土地柄もあって、扇千景さんや中村玉緒さん、学者先生など関西の知名人もお客さんとしていらしたそうだ。そんなある日のこと。「ご主人が海外出張に行かれるとのことで旅行カバンをお探しの和服姿の女性がいた。当時、最新のスーツケースにはダイヤル式の暗証番号が付いていて、使い方を説明すると『いやー、こんな複雑なのはうちの主人にわかるかしら』と後ろを振り向かれた。そこにいらしたのはニコニコしてやり取りを聞いておられたノーベル物理学者の湯川秀樹博士だった。」(日本経済新聞2015.12.11朝刊44面)

奥田氏、文章もなかなかうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

コミケ出展物を鴨書店で扱っていただきます(2016.02.08追記)

逝き昨年末の冬コミックマーケットに出展した制作物のうち、以下の4点について、東京十条の占い専門書点である鴨書店様でお取り扱いいただけることになりました。(ヘイズ中村氏の「水晶球霊視」は取り扱っておりません。そちらについては直接ヘイズ中村氏にお問い合わせください。)(→追記参照)

鴨書店様のホームページはこちら
(そちらの新着情報に、ただいまご案内が掲載されています。また、本ブログで私がコミケのご案内をさせていただいたページはこちらです。)
 

■はじめてのカンタン紫微斗数 A5 135ページ 1,500円+消費税
 miesha 著  椎羅 監修

■奇門遁甲房中術 A5 26ページ 1,000円+消費税

 松岡秀達 著

■占術夜話 2015年冬季号 A5 30ページ 1,000円+消費税

■占術夜話 2014年冬季号 A5 18ページ 1,000円+消費税


占術夜話については、コミケ時より少々お高くなっておりますが、コミケは我々の直販ということで、どうぞご理解くださいませ。
鴨書店様は通信での販売もなさっておられますので、地方にお住まいの方は、お電話やメールでのご注文でも購入できます。


どうぞよろしくお願いします。



【追記】

ヘイズ中村氏の「水晶球霊視」も鴨書店様でのお取り扱いが始まったとのこと。ご興味のある方はお問い合わせください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

紫微斗数における閏月の処理

2016年が明けました。
みなさん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

去年のことです。って、今日書いたら昨日のことも去年のことですよね(笑) 先日の研究会でのことです。

ある会員さんは、以前から紫微斗数に興味を持っていて、僕の講座に来られる前も自分でいろいろ勉強されていました。また、今までいろんな先生に紫微斗数で鑑定してもらったのだけれど、先生によって自分の命盤、命宮主星が異なるということでした。これはいったいどういうことなのだろう?という疑問をお持ちでした。

僕も最初にお会いしたときに鑑定させていただいたのですが、そのときは深く考えず、いつも愛用しているツールで命盤を出力して鑑定しました。それでざっと鑑定させていただいたのですが、どうも違和感が残る。その後、僕の研究会に来られるようになり、その方のことをよく知るようになるにつれ、その違和感が大きくなっていったのでした。

今、うちの研究会では、メンバーの命盤やその他の命盤をみんなで読んでいこうという実践練習のようなことをやっています。その回では、その方をモデルにみんなで読んで行こうということになっていました。さあ、ということで、みんながその方の命盤を出してみると、会員が使う命盤作成ソフトによって、全く違う命盤が出力されたのです。

これはどういうことだ?と、手書きで確かめようと暦を繰り出して、あっ!と思いました。そうか、そうだったのか。

この方は、太陰太陽暦(旧暦)の閏月の生まれで、その前半と後半の境目にお生まれだったのです。
 

少し長くなりますが解説します。
紫微斗数は太陰太陽暦(旧暦)を使って命盤を作成します。太陰太陽暦は月の満ち欠けによるカレンダーで、月と季節のズレを調整するために数年に一度閏月を設けてそのズレを調整します。どういうことかというと、閏月のある年は、あるひと月を重複させる(ダブらせる)のです。例えば。。

1月、2月、3月、3月、4月、5月。。。

というふうに。この例の場合3月が重複しています(ダブっています)。この後ろの方の3月を閏3月と呼びます(ダブった方の3月という意味です)。ちゃんと書くとこんな感じになります。

1月、2月、3月、閏3月、4月、5月。。。

で、この閏月をどう考えるのか、ということで、大きく分けて次の4つの考え方(学説)があります。

(1)閏月は前月と考える。上記の例だとこうなります。
1月、2月、3月、3月、4月、5月。。。

(2)閏月は後月と考える。上記の例だとこうなります。
1月、2月、3月、4月、4月、5月。。。

(3)閏月の前半は前月、後半は後月と考える。上記の例だとこうなります。
1月、2月、3月、3/4月、4月、5月。。。

(4)太陰太陽暦は使わずに太陽暦である節月で考える。

このうち、どれが正しいのか。どれを採用するべきなのか。占いなのですから「当たる」ものが正しいのです。ということで、僕は(3)の説を基本的仮説において、実験を繰り返しています。また僕が知る限り(3)説が多数派で、日本の解説書や命盤作成ソフトはおおむね(3)説で書かれて(作られて)います。

ただ(3)説を採用する場合、少し注意が必要です。

太陰太陽暦では、一月が30日の月と29日の月があります。で、(3)説を考えるとき、閏月が30日の月であれば、月の前半生まれは1日〜15日、後半生まれは16日〜30日、ときっちり割り切れるのでいいのですが、29日の月の場合ちょっとややこしい。前半は1日〜14.5日。後半は14.5日〜29日、ということになります。

つまり29日の月の場合、前半は1日子の刻〜15日巳の刻、後半は15日午の刻〜29日亥の刻、ということになります。

で、この方は、太陰太陽暦(旧暦)の15日の午の刻のお生まれだったのです。正確に29日を分割すると、後月15日生まれということになります。これで命盤を作ると、僕が最初に作った命盤とは違う命盤となります。

なるほど。だから作成ソフトによって2つの異なった命盤が出力されたのか。また先生によって違う命盤になったのか。

で、はたしてどっちが当たっているのだろう?
ということで、会員みんなでそれぞれの命盤を読んで、ご本人にもいろいろ確認しました。すると、ご家族のことやお仕事のこと、その他もろもろ鑑みて、後月生まれの盤の方が当たっているようです。ご本人も、絶対こっちの方が当たってる、ということでした。

したがって、閏月が29日の場合も正確に前半/後半で区分して見るのが正しいようです。

正確に言えば、今回の検証では、学説(2)と(3)については適合すると言える、ということになります。


今後もこうした検証や実験を重ねながら、鑑法を確立させたいと考えています。ただ、なかなかこうした学説の検証に役立つ時間に産まれた方の命盤に出会うことが少なく、私もさらに研鑽と研究を重ねていきたいと思っております。今回は貴重な検証データのお生まれの方に出会えてラッキーでした。ご本人も、今までいろいろ違ったことを言われて悩んでいたんだけど、これですっきりした、とおっしゃっておられました(^^


長々と書きましたが、占いというものは当たってナンボです。どんなにエライ先生が言った説でも、〜派の極秘伝であるぞよ、とものものしく言われているものでも、使って当たらなければなんの意味もありません。百のごたくよりもひとつの実証です。ということで、今後もいろいろな学説を検証実証するなかで、研究を深めていきたいと考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »