« 今年も冬コミに出展します 【追記】当日私も居ます | トップページ | 12/30 コミケに行きます »

2015年12月23日 (水)

2016年筮(冬至の日に)

昔からなぜか易者の間では、冬至の日に次の1年の運勢を占う「年筮」というものをやる習わしがあります。まあ、来年の運勢を占い、どんなことがあるかを予測するのは紫微斗数でもできる(というか僕はそれでやっていますw )のですが、ここ数年、冬至の日の年筮も立てています。

  去年の年筮の書き込みはこちら
  一昨年の年筮の書き込みはこちら

今年も立ててみました。でもその前に、まずは去年の結果を振り返ってみます。

去年得た卦は「地雷復」。

去年のそのエントリーにも書いていますが、地雷復は冬至を表す卦でもあります。冬至の日、特に去年は新月が重なる朔旦冬至だったので、そんな日に立卦して地雷復という冬至の卦を得たのは、とても印象的でした。なので思わずブログに書いたのです。

で、結局去年はどんな1年だったのか?

そこ(去年のエントリー)にも書きましたが、一陽来復と言うほど一昨年が悪いというものでもなかったので、この「一陽来復」をどう解釈すればよいのか、はてさて、頭をひねりました。この1年を振り返ると、講義・研究活動は一昨年の継続で、さほど大きな変化はありませんでした。ただ、東京研究会のメンバーが少しずつ増えてきて、実践練習主体になったこと、福岡でも少人数ながら研究会が発足したこと、などが変わったといえば変わった点でしょうか。

また冬至を一年の切り替わりとして運勢を見れば、去年の年末にはじめてコミケに参加して同人誌を出展しました。コミケでの売上はさほどでもなかったのですが、コミケ後に口コミなどで順調に在庫がはけました(まだ在庫は残ってるんですが)。前にご紹介したように、今年の年末の冬コミにも出展します。

それと自分として大きなエポックだったのは、「紫微斗数実占ハンドブック」を発行できたことでしょうか。

ズバリ一陽来復だったのかどうかはよくわかりませんが、そうして振り返ると、今まで準備していたものを、とりあえず一矢放ってみた、という感じな年だったのかなあ。

復卦は初爻が陽爻で、あとはすべて陰爻。図にかくとこんな感じ。

— —
— —
— —
— —
— —
———

自分ではよくわからなかったので、先日ある研究会で生徒に聞いてみたところ、「先生!やはり今年はまず本を1冊出したということですよ。」とのご意見を賜りました。てことはこれからあと5冊本を書かにゃならんということか(笑) いあ、5冊どころか8冊分くらいの構想はあるんだけど。。 でも本を書くのがこんなに大変だとは思わなかったよ(^^;; いったい何年がかりになるだろう。

>>紫微斗数で見ると来年の僕の運勢は、とにかく仕事が忙しくて(よく言えば充実して)ヘロヘロになって、逃げ出したくなるような1年、てな感じなのですが。。

と、去年書いたのですが、確かに「ハンドブック」は何度も何度も書き直して編集もやり直して、書いててヘロヘロになりましたww 途中で投げ出したくなることも一度ならず。


はてさて、では来年はどんな年になるのか。
昨日、今年の冬至の日に得た卦は「天風姤」の四爻変でした。図に書くと次のとおり。

———
———
———
———
———
— —

去年の「復」卦と比べると、ちょうど各爻の陰陽が逆転した卦です。なんか面白い。ようでけてるなあ。んじゃ、来年は今年と真逆なことが起こる年?真逆ってなんだー?? 先ほどの生徒さんの解釈の流れで行くと、今年は本を5冊書く?んな無茶な(>_<) コミケの同人誌も冊数に入れていいかな?(笑) 

姤の卦辞には「その女は傷ついている。娶ってはいけない」(三浦國雄「易経」角川文庫p.178)とあります。いあ、今さら結婚するなんてあーた、んなことありゃせんがな。というのはあまりにも直裁的な解釈。

銭天牛先生の「銭流易占」によれば、姤は皇后の「后」に通じ、エライ女性がからんでいるとあります。エライ女性から引き立てを受けるのか、はたまたいぢめられるのか。うちで一番エライ女性はもちろん奥さん。しかし奥さんの尻の下に敷かれるのは、なにも今に始まったことではないww

また「銭流易占」には、邂逅の「逅」に通じるものもあり、不意の出会いやめぐりあいともあります。新しい人物や出来事との出会いがあるのでしょうか?

四爻の爻辞を見ると「包に魚なし。起てば凶」とありますので、なにかカラ回りすることがある?すっぽかされる。まあ、あまり欲を出すとろくなことがないということでしょうね。

ここで四爻を変じさせて之卦を出すと「巽為風」になります。

———
———
— —
———
———
— —

これは風の卦です。
風に吹かれてひらひら舞う。ということで、ビラ、チラシ、手紙、TV、ラジオ、出版などが連想されます。今の時代、当ブログのような ITネットワークも表すでしょうか。うーん、メルマガでもはじめようかな(笑)

また、風に吹かれてうろうろ出歩く。来年はあちこちふらふらと出歩くことが多くなるのかも知れませんね。

来年は夏コミも受かるのかな?(^^

まあどんな1年になるのか。
楽しみにいたしましょう。


【追記】

術友の大石眞行氏も昨日ブログに冬至易のことを書いていて、とてもいいことを言ってます。

来年はどんな年にしましょうか?という問いが正しいのだと。
どんな年になりますか?ではないのだと。
そしてそのために何をしたらよいのか?と。
それを問うのが正しい占いの使い方なのだと。

いあまったくその通り。
いいこと言うなあ(^^

|

« 今年も冬コミに出展します 【追記】当日私も居ます | トップページ | 12/30 コミケに行きます »

占術一般」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/63116204

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年筮(冬至の日に):

« 今年も冬コミに出展します 【追記】当日私も居ます | トップページ | 12/30 コミケに行きます »