« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

不立文字

ふたつ前のエントリーに「占いというものは、得られた象徴を人や物事、森羅万象に当てはめてその意味を考察するという行為である。その際、公式や単純に当てはめればよいという教科書どおりの解はない。」と書いた。

前のエントリーでは、その際に常識を無視すると、とんでもなくすっとんきょうな判断になると書いたのだが、実際、これが難しい。有限の象徴を無限の事象に当てはめるのである。だからこそ、ここに占いの面白さ、醍醐味があると思うのであるし、占いというものは一種の知的ゲームなのだと思うのであるが、ほんとに難しい。象徴を事象に当てはめる、いわば「適用」という行為である。

これに対して、占いであるから、占法という「技術」に習熟するとことも重要である。「技術」と「適用」の2つがあって、占いは成立する。

このうち「技術」は教科書や師匠や先輩から学ぶことができる。ときに「秘伝」ということで、なかなかアクセスしにくい技術もあるが、頑張ればそれを学び習得することができる。一方「適用」は教科書などから学ぶことができない。なぜなら、2つとして同じ人生はなく、2つとして同じ局面はないからである。そのときどきで違う事象(無数の事象)に有限の象徴や公式を適用させるのである。

だからこれは教えることができない。なにも「これは秘密、秘伝、なーいしょ、教えたらへーん。」と出し惜しみしているわけではない。教える側からしても、盗んでくれ!と言うしかないのである。結局、試行錯誤を繰り返し、経験を積んで学ぶしかないのである。

これは何も占いに限ったことではなく、スポーツや武術や芸術の分野でもそうではなかろうか。師匠から免許皆伝の奥義を授かったとしても、それだけで百戦錬磨となることはできない。血のにじむような稽古に励んで身体の奥にその「技術」をたたきこんで、百戦錬磨となれるのである。

武術やアスリートの世界は、僕はあまり詳しくないので、音楽を例にとってみる。名演奏家、名手上手は、人間業と思えない演奏で人に深い感動を与えてくれる。

友人があるとき素晴らしいギターの演奏を聞いて感動して

「「音楽」以外には何も無い。音以外の「不可聴」とでも言えるような成分が『主成分』なのです。 でも、それは録音では記録できないもの。 youtubeに落ちているのをいくつか聴いてみたけれど、やはり 「大切なもの」は記録できていない。 だから、『生で聴いてください』としか言えない。」

という感想を漏らしていた。

まさに名演奏を聞いたとき、僕も全くそう思うのであるが、本当に大切なものは記録できない。

ちょっと話がズレるかも知れないが、あるとき和太鼓のパーカッションを聞いたとき、聞いていると、あるはずのない「和音」が聞こえて来た。ドラムだけの演奏で和音が聞こえるわけないのだが、そのとき僕の脳裏には確かに和音が響いたのだ。この(あるはずもない)和音は録音には決して記録されない。

「行間を読む」という言葉がある。ほんとに大事なもの大切なものは、記録できないし文字にもできない。

占いにおいても同じではなかろうか。記録できないし文字にもできない「適用」というワザのコツを習得するためには、繰り返し習練し、経験を積んで自分で体得するしかない。


じつはこれが本当の「秘伝」なのではないかと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

うらない君とうれない君(82)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」


続けてご紹介していきます。


(341)6/24放送分 コメント鑑定室

・25歳、11月4日生まれの女性。相手は28歳2月生まれです。
・結婚して丸2年が経ち、今年に入ってから子作りを解禁しましたが、簡単に授かれるものではないんだなと実感しているところです。早く両親に孫を見せてあげたい気持ちもあります。授かれる可能性があるのはいつ頃か占えますか?
・もともと子供ができにくい傾向がある。
・今年は12月がピークになる。今年よりは来年の申年の方が可能性が高い。
・寝るときの頭の向きを真北に向けて寝ると授かりやすくなる。

(342)6/25放送分 うらない君がお願いだ

・僕にも測字占いをやってください。
・仕事運を見てほしい。
・「五」の文字を書いた。
・判断はまた明日。

(343)6/26放送分 測字で長谷川さんの仕事運を占う

・18年目がひとつに節目。
・デビューして18年目に何かターニングポイントがあったはず。
・もう少ししゃべりの技術を身につけなければいけない。
・細かいテクニックが必要。
・来年の1月にならないとかたちにならない。
・8月に地方の仕事をすると運が向いて来る。
・今年は地方営業の仕事をするとよい。

(344)6/27放送分 測字にまつわるいろんな話

・純粋に学問的に正しいかどうかではなく、こう見える、ということ。
・似ている字で発想する。
・基本ルールは8とおりある(測字八法)。
・同じ字を書いても判断が事なる。
・外応と言う、そのときの外の状況もデータとして活用する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

常識が大事

講習会などではよく言っていることなのだが、占いで人や物事を判断する場合、常識が大事なのである。常識を無視して古書の占断の解説などを鵜呑みにしてストレートに当てはめると、ときに、とてもおかしなことになってしまう。

以前にも書いたが、紫微斗数の命盤の場合、全く同じ命盤を持つ人は地球上に何万人といる。その何万人もの人が全く同じ運命を辿るとは、とても考えにくい。なのでその人が生まれた状況や生活している環境を「常識的」に考えて判断するのである。たとえば全く同じ命盤を持った人であっても、現在の東京に生まれるのか、ジャカルタに生まれるのか、シリアに生まれるのか、はたまたキエフに生まれるのか、それによって生活環境は全く異なり、その人生も大きく異なるであろう。また、同じ国に生まれたとしても、時代が変われば同様である。全く同じ命盤を持った人でも、今の大阪に生まれた人と、安土桃山時代の大阪に生まれた人とでは、違った読みをしなければならない。

今、時代が変わればと言ったが、21世紀に生きる我々は、いままで人類が経験したことのないような大きな変化を体験している。紫微斗数で言えば「紫微斗数全書」が書かれた時代と、社会や人の考え方も大きく変わった。占断する際には、それらのことを考慮に入れて判断しなければならないのである。

例えば、中国の占術では、人間の幸不幸を言うのに、貧富、貴賤、寿夭、吉凶、などと細かくカテゴリーを分けて見るが、このうち「寿夭」というのは、長生きか短命かということである。すなわち健康長寿であれば幸運だし、短命であれば薄幸であるとする。ところが、今の我が国の平均寿命は男性80歳、女性86歳を超えた。なので、問占者に「あんた長生きでっせ」と言っておけば、たいていは当たるのである。

日本人の明治はじめ頃の平均寿命は35歳程度、明治終わり頃でも40歳程度であった。そのような時代は、長生きなのか短命なのか、というのは大きな問題であった。とは言え、これはあくまで平均値なので、現代でも不幸にも若くして亡くなる方、あるいは病弱な方もおられる。それをどう読むかが占い師の腕なのである。

他にもわかりやすい例を上げてみよう。兄弟や子供の数は、古書のとおりに判断すると、まず当たらない。古書は5人も6人も子供を作っていた時代のものだからである。我が国の合計特殊出生率は1.5を切った。

また、実際の鑑定の現場では、夫妻宮がいいのに結婚していない人も多く見かける。というのも今の日本の40代では4人にひとりが結婚しないでいるのである。

貧富という物質的幸福に関しても、現代の日本人は、歴史上経験しなかったくらい、物質的な幸福を享受している。おそらくあなたもわたしも、織田信長や聖徳太子よりも、はるかに豪華なものを毎日食べている。時代の変化を考慮して読まないと、正しい判断はできない。

畢竟、占いというものは、得られた象徴を人や物事、森羅万象に当てはめてその意味を考察するという行為である。その際、公式や単純に当てはめればよいという教科書どおりの解はない。わかりやすい変化を例に上げたが、実際はその人個人の置かれた状況をよくよく勘案して、得られた象徴を適用させていくのである。その際、常識が大事なのである。

今年還暦を迎えるある人の年運に桃花の星が巡ったとしても、即ロマンスとは考えにくい(まあ、ゲーテや加藤茶のような例もあるので皆無とは言えないがw)。それよりも、なにか喜びごと、佳事慶事、晴れ舞台、名誉を得る、遊戯飲食というふうに解釈しなければならない。

さあみなさん、「腕」を磨きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

うらない君とうれない君(81)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」


続けてご紹介していきます。


(337)6/20放送分 コウメ大夫さん最終日

・コウメ大夫さん 6/22 有吉AKB共和国(TBS)に出演する。
・田中要一郎氏がクリスチャン・アストロロジーの和訳本を出した。
・大石は玄学舎で占いの講座をやっている。

(338)6/21放送分 旬な人占い

・新井ゆうこさんを占う。
・彼女はブレイクするやいなや。
・瞬間風速的に終わるであろう。

(339)6/22放送分 時事のコーナー

・元少年A手記「絶歌」について。
・個人的な意見ではあるが、これは許せないし出版社の良識を疑う。
・長谷川としても出版社の考えがよくわからない。
・マスコミもそう言いながら遺族に突撃取材したりしている。矛盾していないか。

(340)6/23放送分 世間予報の答え合わせ

・専門家が恥をかく → 大阪都構想の中で、いろいろ。
・池上先生の韓国が震災支援の一番乗り発言でネットで大炎上。
・ボートピープル → 海兵隊の受け入れ
・流出騒ぎ → 年金機構での個人情報流出騒ぎ。
・課税の動き → 砂糖税課税の検討。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

うらない君とうれない君(80)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」


続けてご紹介していきます。


(333)6/16放送分 コウメ大夫さんを測字で占う

・「美」という字。
・この恋愛は始まって半年以内に終わるだろう。
・夫にはなりそこねるので、結婚にはいたらないだろう。
・女性の方が強い(積極的)。
・コウメさんのことを考えると、きっぱりと終わらせた方がよい。

(334)6/17放送分 コウメ大夫さんをタロットで占う

・ゲストに田中要一郎さんが登場。
・タロットで占ってみた。
・コウメさんが一歩踏み出せない。
・コウメさんは真面目な付き合いを望んでいる。
・優柔不断さが出ている。
・彼女はすごく不安定な人。
・キッパリとバイバイする方がよい。

(335)6/18放送分 コウメ大夫さんの仕事運を占う

・現状は隠者で愚者なので、地味な下積みで計画性もない。
・好きなことしかしていないが、その方向性に誤りがある。
・考えが定まらないことが問題。
・計画的に考え、期限を決めて具体化させよう。

(336)6/19放送分 仕事運を易で占う

・今、いい時に来ているのだが動きがない。
・この効果が出るのが年末年始あたり。
・8月に瞬間的に仕事があるが、お金にはならない。
・心が定まってないという卦が出た。
・今までの流れを変える時に来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

うらない君とうれない君(79)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」


続けてご紹介していきます。


(329)6/12放送分 マツモトクラブをタロットで占う(後編)


・今は日々なんとなく漠然と過ごしているような感じである。
・需要は増えているが、すぐにお金がたくさん入るということではない。
・少し時間がかかる。
・周囲の人がお金になる仕事を持って来てくれる。
・お金目当ての女性が寄って来るので女性関係には気をつけた方がいい。

(330)6/13放送分 マツモトクラブから大事なお知らせ

・DVDが発売されたのでよろしく。
・「女性に気をつけろ」というアドバイスを気をつけたいと思う。

(331)6/14放送分 コウメ大夫さんがゲストに登場

・うれてた君ですww
・2度目の登場。
・その後の近況、まずは彼女ができた。

(332)6/15放送分 コウメ大夫さんがリアルな悩みを告白

・彼女とは今年2月頃に出会った。逆ナンであった。
・両者ともに子供がいる。
・しかし喧嘩が多かった。
・最近はあまりうまく行ってない。
・では測字占いで見てみましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

来るべき世界

今年の年明け、NHKで「NEXT WORLD」という特集科学番組が放映されていた。ご覧になった方もおられるだろうか。現在の科学技術やテクノロジーの最先端から、今後どのようにそれらの技術が進化するのか、そして我々の生活がどう変わるのか、ということをシュミレートする番組で、なかなか面白く拝見した。

全部で5回のシリーズ番組なのだが、各回、30年後の未来を想像したシミュレーション・ドラマが挿入されていた。その中でも初回放映の「未来はどこまで予測できるのか」の内容はたいへん興味深かった。

というのも、今後A.I.とビッグデータ処理の技術が発展すれば、こんなことができるかも知れない、という内容がまさに占い師が行っていることだったからである。

そのシミュレーション・ドラマでは30年後の日本の若者が登場する。彼は、今日は疲れたので今日は家でのんびりしてようと思っていた。するとそこにA.I.からお託宣が入る。「ここで寝ている場合じゃありませんよ。今日は都内のクラブ**箇所でパーティーをやっています。今日の午後6時〜8時に渋谷方面のパーティーに顔を出せば、理想の女性に出会える確立が92%です。将来の伴侶をゲットできる最高のチャンスですよ。さあ、早く出かける準備して」と。

これって、占い師が、今週の金曜日に南東の方角のパーティーに行けば恋愛のチャンスあり、って言ってるのと同じことじゃない?

A.I.とビッグデータを使えば、将来このようなことも可能となるらしい。いや、それどころか米国では実際にA.I.の活用が始まっていて、カリフォルニア(だったっけ?)の警察では犯罪予測にこれを使って効果を上げてるのだそうな。実際にドキュメンタリーも流れていた。「本日の夕刻、**町〜丁目の三叉路の角で犯罪者に遭遇する可能性が極めて高い。本日はそこを重点的にパトロールするように。」というA.I.のご託宣が下った。それにしたがって、そちらに警官が向かうと、本当にそこで麻薬常習者に遭遇した。結局警官はその犯人(?)を検挙していた。ほんまか?と思うような映像であったが、そういうことがあるらしい。

○日の何時に〜〜に行けば犯人を見つけられる。って、まさに卜占である。でもA.I.君はタロットや易がプログラムされているわけではなく、膨大な過去の犯罪データとその分布からこれを予測するのだそうだ。

また、会計士や弁護士の業務のかなりの部分をすでにA.I.が補っている、という話もあった。そのうち、会計士や弁護士の仕事がA.I.に奪われるかも、なんて話もあったように記憶する。

僕は講義などで、よくこんな話をしている。

「未来予測、将来予測というのは、大昔から、人々はいろんな方法で行ってきました。今でも、誰もが大なり小なり、そういうことをしています。たちえば今日は雨になりそうだから傘を持って出かけようか、とか、もう少し考える人は天気予報を気にするとか。ところで現在、急速にDNA解析の技術が進化しているそうです。なんでもDNAを解析することで、かなりの精度で、いつごろどんな病気になるか、ということが予測できるようになっているとか。将来、DNAを解析することで、その人の性格や行動様式、長所や短所、どのような行動と心構えでいれば成功するか、どのような行動を避ければ不幸から逃れられるか、そんなことまでわかるようになるかも知れませんね。実は占いとは、それとは全く違った価値観と世界観、すなわち「偶然」と「象徴」を使って、それを行おうとする試みなのです。(運命を決めているものは占いや占いで導き出される象徴ではなく、別のところに原因があり、占いはそれを「読み取る」作業なのです。)」

ううむ。思いのほか早く、そんな将来が来るかもしれない。でも、本当にそんな時代がくれば、占い師も商売上がったりである。いっそ組合を作って、ラッダイト運動をやりますか(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

うらない君とうれない君(78)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」


続けてご紹介していきます。


(325)6/8放送分 測字占い

・今日はマツモトクラブ氏の誕生日。
・マツモトクラブを測字占いで占ってみた。
・9月にひと勝負かけないといけない。
・大義名分が足りない。
・自分の確立にはまだ半分足りない。
・9月16日あたりに今後の芸人としての自己が確立する。

(326)6/9放送分 測字占いの続き

・9月16日に新機軸を打ち出せるかもしれない。
・ネタに動物をからめるとよい。
・声だけの(架空)相方を作って、それと掛け合えばよい。

(327)6/10放送分 マツモトクラブに人相占い

・外面と内面が違う人である。
・爽やか系で売っているが、なかなかしつこいものを持っている。
・用心深さがあるわりには、結構思い切ったことをする。
・7月くらいにいいことがありそう。

(328)6/11放送分 マツモトクラブをタロットで占う(前編)

・タロット占い師、山吹海帆氏が登場。
・お金に関する問い合わせ。
・お金に関する執着がアバウトな感じである。
・お金よりも売れたいという気持ちの方が強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

緊急事態なときのBGM

いささか尾籠な話ですみません。
また、まったく内容がないよう、なアホな雑談です(^^;;
 

mixiでマイミクさんが、「限界でトイレに駆け込んだら全部個室が使用中だったときのBGM」というネタに、「地獄の黙示録(ワルキューレの騎行)」とつけていたのが面白かったので、うちで話題にした。

もともとワグナーの楽劇「ニーベルングの指環」の四部作の二作目にあたる「ワルキューレ」に使われている曲であるが、フランシスコ・コッポラが「地獄の黙示録」で使って、やたら有名になった。いあ、いかにも緊急事態のBGMである。すると家内が曰く。

「そんなときは、ベートーヴェンの5番の方が響かへん(゚゚ )?」

それに私、答えて

「いあ、運命はむしろ、間に合わずに漏らしてしまった時のBGMではないだろうか?」

すると家内が

「漏らしたときは、ベートーヴェンの6番ちゃう?(´・ω・`) いっそ開き直って。」

(僕)「確かに、お腹の中は田園風景が広がるけど、トイレに間に合わなかった悲惨さは田園というわけにはいかんぞ。」

(家内)「じゃあヴィバルディの四季の夏かなあ。」

(僕)「ヴィバルディの夏はむしろトイレに駆け込んで全室使用中のときの音楽っぽい。」

(家内)「じゃあ、必死にこらえて待ってるときがヴィバルディの夏。で、間に合わず漏らしちゃったときの音楽は田園。これでセットで。」


 

トイレ談義なのか音楽談義なのか、わけのわからん話が延々続く我が家の夜であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

うらない君とうれない君(77)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」


続けてご紹介していきます。


(321)6/4放送分 占い基礎講座(50)

・左遷される人の相。
・眉やおでこなどの目の上の部位は「目上」とみる。
・髪の生え際の正中線から指2本分離れたところに悪い色が出る。
・ほお骨から鼻にかけての線上に悪い色が出る。
・いい色が出ていると栄転出世となる。

(322)6/5放送分 占い基礎講座(51)

・嘘つきな人の相。
・嘘をつくと手の動きが固まる。
・目を左右にきょろきょろさせる。相手に目を合わせない。
・舌を見せる。(唇を舐めるなど)。
・やたら顔を触る。

(323)6/6放送分 お酒の上での失敗談

・大石は家では飲まない。外で飲む。
・学生時代は無茶飲みして失敗したことはある。

(324)6/7放送分 ピンチヒッター

・マツモトクラブ氏がピンチヒッターで登場。
・測字占法。
・6月の花買いの日付が間違っていた。
(6/13 → 6/14)
ということで、6/14が正解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

同窓生との酒宴

先月のこと、5月のゴールデンウィークの話である。

高校時代の同窓生数人と大阪梅田で飲んだ。高校時代、仲良かった(つるんでやんちゃしてたとも言う)何人かの仲間たちが、いつの頃からか盆暮れの帰省に合わせて集まって飲むようになった。とはいえ、消息不明の者や、その時々の仕事の都合やその他の事情などで、常時集まるのは3〜4人の、こじんまりとした会合である。

今回、そのうちのひとりT君から、連休に合わせて大阪に行くんで集まって飲めへんか、とメールがあった。都合がつく(ヒマであるとも言う)僕とM君とで、阪急梅田のガード下の店で一献傾けた。

これだけ長くつきあっていると、結婚、子供の誕生、子供の成長、転勤、会社を変わる、などなどそれぞれが人生の節目を経験し、そのつど近況報告も含めそんなことも話題にしてきたのだが、ぼつぼつお互い定年退職を迎える年齢になってきた。僕はこちらでも書いているように、一足早く会社を定年退職し、今は自由業という名の熟年ニートを決め込んでいる。まさかほんとに占い師になるとは思わなかったが、現在ささやかでも収入を得ているのは占いを通じてのみなので、占い師というか術数研究家というか、まあそういうことになるのだろう。

で、同窓生仲間にそんな話をしていたら、彼らは全く門外漢ながらも僕が占いというものをどう捉え、どう向き合っているか、なんとなく理解してくれている。竹馬の友とはありがたいものである(M君とは高校の同窓でもあるが、小学校からの同窓でもある。まさに竹馬の友だ。)

で、まあそんなおっさんたちが集まって飲む。互いの近況や昔話、さらには米朝師匠とうとう亡くならはったよな、もう近日講演やなく本日講演になってしもたな、などと最近の世間の話題なども肴に杯をあおる。そのころ関西では、5月17日に行われる大阪市の住民投票が話題になっていた。ちなみに僕もT君もM君も関西人ではあっても大阪市民ではないので、直接には関係はない。でもまあ、関西では大きな話題である。座がその話に及んだ時、なんならそれを占ってみようか、と僕は言った。「おお、おもろいなそれ、占ってみてくれ。」とT君もM君も身を乗り出した。

僕はポケットから6枚の硬貨を取り出しテーブルの上に投げた。得卦は雷天大壮の上爻変。僕はおもむろに解説をはじめる。

「これが易の卦やねん。下が天、上が雷。天の上で雷がゴロゴロ鳴っている、てな様相や。さあてこれをどう読むか。確かに今の状況、みんなの気持ちをよく表してると言えるな。勢いは強い、気持ちもたかぶっている、でもカラ雷という言葉もあるぞ。」

と言ったところでT君が感心したように言った。

「そうか、占いっちゅーもんはそういうもんなんか!易の卦をどう当てはめて読むか。それが占い師の腕、っちゅうもんやな。」

「せやねん。占いっちゅうのはそういうもんやねん。どこの占い探しても、大阪市の住民投票は賛成派が勝つとか反対派が勝つとか、そんなん書いてるもんなんか、あらへん。出た目をどない読むか。これが占いやねん。まあ、易の卦という象徴をどう森羅万象に当てはめて考えるか。言ってみれば、すべての事象をいくつかの象徴に関連づけて考える知的ゲームやね。」

占いには全くずぶの素人であるはずのT君が、はからずも占いの本質を突くようなことを言ってくれて、僕はすごく嬉しくなった。なので続けて爻辞も読み上げた。

「ちょっと待ってな。易はさらに細かいことが書いてる文章があんねん。いつも易経は持ち歩いてるから読んでみるな。『羝羊まがきに触れ退く能わず進む能わず、利するところなし、苦しめばすなわち吉。』どういう意味かというと、いきりたった牡羊が垣根に頭を突っ込んで、にっちもさっちもいかんようになった状態やな。で、何の利益もないが苦しんだら吉になると。」

それを聞いたM君がこう言う。

「羊というのを聞いて僕は市民を連想したな。これは羊すなわち市民が苦しむが、そのことによって市民にいいことがあると。ということはやっぱ賛成派が勝つんとちゃうか?」

僕はそれに応えて

「これはどっちかと言うと、おとなしい羊やのうて、血気盛んな牡羊のイメージなんやけどな。素直に読んだら血気盛んな方があかんくなる。せやから賛成派が負けそうに思えるんやけどな。ま、占いと言うても酔った席での占いや。易の神様は酔って問えば酔って答う、っちゅーてな、酔っぱらいには酔っぱろうて返してくれはんねん。ま、どうなるか、もうすぐ結果でるし、楽しみにしてよか。」

 
 
結局、大阪市特別区を巡る住民投票は僅差で反対派に軍配が上がり、特別区は白紙になったわけである。僕の卜占にしても、酔った上で占的も明確にせずにおもむろに硬貨を振った程度の占いである。(それにしては的確な卦が出たと思うが。)当たった当たらなかったという結果はさておき、占いには全く素人の友人が占いの本質を理解してくれた。しかも果敢に卦を読む(象徴解析)ということにもトライしてくれた、ということが嬉しくて楽しくて、こうして一文をしたためてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

うらない君とうれない君(76)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」



続けてご紹介していきます。


(317)5/31放送分 旬な人占い

・水野真理菜さん(LinQ)を占う。
・1999年生まれの16歳。若い!
・易卦を立ててみたところ恋愛がらみのことかと伺える。
・ただ、来年復活してブレイクする星が見られる。
・なので、これで完全に引退ということはないのではないか。

(318)6/1放送分 時事のコーナー

・先生のことを占い師としてではなく物知りな大人として聞きたい。
・安全保障法制について。
・自衛隊を国内のみにとどまらず外国で平和支援活動をしてもいいんじゃないかという話。
・反対派が心配しているのは、日本が戦争をしたがる国になるんじゃないかということ。
・長谷川さんは必要ではないかと思う。
・みなさんで考えてください。

(319)6/2放送分 6月の花買い

・5月花買いをしたところ、新規のお客様からアポイントが入ったというコメントをいただいた。
・家でも職場でも花を飾るところを起点に、指定された方角の花屋で決まった日時で花を買う。
・6月はやや効果が弱い。事前の策くらいの対応となる。
・方角はいずれも東南45度。
・6/9 9時半〜10時半 それが無理なら11時半〜12時半(ベストは前者)
・6/13 15時半〜16時半
・6/24 9時半〜10時半 それが無理なら11時半〜12時半(ベストは前者)

(320)6/3放送分 6月の世間予報

・せこくてケチくさい事件が起こる。
・にっちもさっちも行かないものが強行的に押し切られる。
(まあ、世間的にもそのような雰囲気ではあるが)
・トップが決めた後に、自ら墓穴を掘るようなことがある。
・大きな自然災害的な卦は見えない。
・強引にこじつければ土砂崩れとか剥がれるとかに意味も見えるがあまり強い卦ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

うらない君とうれない君(75)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」



続けてご紹介していきます。


(313)5/27放送分 6月の運勢ランキング(前半)

・生まれた月日を単数化して「命数」を出す。
・8位 命数5の人 今月は情緒的には安定するが、なにかと出費散在が多い月。
・7位 命数1の人 月の前半は穏やかだが後半から忙しく振り回されがちな月。
・6位 命数3の人 表面化する月。頑張ってきたことがむくわれたり悪事がばれるたりする月。
・5位 命数2の人 穏やかな運気の月。物事が延期しやすい。
・4位 命数4の人 変化変身の月。考え方ややり方を変えるとよい月。

(314)5/28放送分 6月の運勢ランキング(後半)

・3位 命数6の人 行動の範囲を広げ大きく動くとよい月。小さくまとまってはいけない。どこか旅行に行ってもいいし活動時間を広げてもいい。
・2位 命数9の人 周りから重宝にされる月。人に頼られて充実感を味わい新たな出会いがある月。
・1位 命数7の人 絶好調のひと月。じっくり考えて行動。思いつきで動かないように。
・9位 命数8の人 ものごとを多く処理する月。感情的にも不安定になるので、まめにストレス解消をはかること。

(315)5/29放送分 窓開け開運法

・毎月指定の2時間、窓や玄関のドアを開けておく。
・今月は、6月7日 17時〜19時の間。

(316)5/30放送分 仕事上のクレーム対応について

・長谷川氏は深夜で飲食店でアルバイトをしている。
・先日サラダに乗っているコーンが少なかったとクレーム。
・なのでコーンを4つぶほど追加で差し上げた。
・食べ終わる前に申し出てほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

うらない君とうれない君(74)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」



続けてご紹介していきます。


(309)5/23放送分 方言について

・北海道出身の長谷川さんがある時「そのゴミ投げて」と言ったら通じなかった。
・「ちょーかっこいい」とかの「ちょー」は北海道では「なまら」と言う。
・方言の反対語は標準語ではなく「共通語」である。

(310)5/24放送分 旬な人占い

・浅田真央さんを占う。
・先日現役続行を表明したが、今後も活躍できるか?
・生年月日から見てみた。
・彼女は年月日があすべて一白である。
・今年はいい運気が回って来ているが、年齢を考えると1年半後くらいに現役から退いた方がいいのではないか。今年来年あたりで完全燃焼していただく。
・その後は後進育成とか、周辺にかかわっていくとよい。

(311)5/25放送分 時事のコーナー

・AKBの総選挙が近づいて来た。
・長谷川さんが一位を予想する。
・で、長谷川さんが神蓍を降って、結局大石氏が読んだ。
・水が溜まってる水面に風が吹いて水しぶきが舞うという易卦である。
・AKB48人を水たまりに例えると、地方に異動した人とかが考えられるのではないか。
・速報の中では、指原(HKT)や柏木由紀(NGT兼任)などはどうだろう。
・あまり動きのない卦であるので、今までと同じようなメンバーの中から出るのでは。

(312)5/26放送分 長谷川氏怒る

・「うらない君と魔女さん」のイベントに長谷川さん、およびがかからなかった。
・5/17 2回目のイベントを行った。
・大石氏が東洋を代表し、魔女であるヘイズ中村氏が西洋を代表してトーク。
・後半、占いで宝探しをするというイベントがあった。
・大石氏は易で、中村氏はダウジングでトライした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »