« うらない君とうれない君(43) | トップページ | うらない君とうれない君(45) »

2015年4月 9日 (木)

うらない君とうれない君(44)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。

(169)1/23放送分 人相占い基礎講座(24)

・眉尻(顔の外側の方)の上を「福堂」と言い、財産を表す。
・ここが豊かに盛り上がっているとよい。
・鼻(小鼻)は当面の財運を表し、福堂は一生通じての財運を見る。
・ここにほくろがあると、消極的に財産を減らす。
・福堂に傷を負うと、積極的に財産を減らす。

(170)1/24放送分 大石先生はギャンブルするの?

・自分ではほとんどやらない。
・企画もので、競輪を当てろ、というのはやらされたことがある。
・占いでなんでもわかるのなら占い師はギャンブルで生活できるのではないか?という一般的な疑問。
・占いというものは依頼があってはじめて成り立つ。
・依頼されたギャンブルを当てることはあるが、自分で占ってもそうはかない。
・自分を占ってわかる占いと、そうでない占いがある。
・ギャンブルによってお金が入るという運がなければ自分のことは当てられない。

(171)1/25放送分 旬な人占い

・岡田斗司夫さんを見る。
・目下、女性関係のスキャンダルの渦中にいる。
・オタキング、オタクの世界では無敵だと言われていたので、モテる要素はある。
・運気的に、今年は旧悪露見という年まわりだが、来年はまた運が変わる。
・1年くらいマスコミから遠ざかるかも知れない。
・むしろ、1年くらいはバラエティー番組などには出ない方がいい。

(172)1/26放送分 時事のコーナー

・1月の世間予報で、出先、海外でのトラブルに注意とあったが、そのとおりになってしまった。
・占いをどう使えばいいか。
・運というものは対戦相手だと考えてみるとよい。
・努力というものは、自分の内部要因を高めることしかできない。
・努力して内部要因を高め、さあかかってきなさい、となっても誰も相手にしてくれないのでは、その力の発揮しようがない。
・運は、努力の外側にあるもの。
・やることをやったら、その後に運を考える(人事を尽くして天命を待つ)。
・そこまで考慮した方がより効率的な人生を送ることができる。
・努力0では運が100でも答えは0になってしまう。
・雨の日にわざわざ外にでることはない。
・雨の日には雨の日の遊び方がある。

|

« うらない君とうれない君(43) | トップページ | うらない君とうれない君(45) »

うらない君とうれない君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/59584293

この記事へのトラックバック一覧です: うらない君とうれない君(44):

« うらない君とうれない君(43) | トップページ | うらない君とうれない君(45) »