« うらない君とうれない君(36) | トップページ | うらない君とうれない君(37) »

2015年3月12日 (木)

東京出張

たまには日記みたいなブログを書いてもいいでしょう(^^


このまえの週末は月に一度の東京行でした。
土曜日の午後は占術スクールカイロンの紫微斗数講座の応用編の
日曜の午後は同じくカイロンの紫微斗数講座の基礎編の講義を
それぞれ中野サンプラザで行いました。

どちらも今期の講座の最後、最終講義でした。
基礎編の皆さんは、半年間ありがとうございました。
応用編の皆さんは1年間にわたって、ありがとうございました。

今回の応用編クラスのみなさんとは、懇親会や新年会も行って、受講生同士も仲良くなれたようで、とてもいい感じでした。また、みなさんとても熱心で、教える方としても、たのしく講義できた1年でした。個性的な方も多く、楽しかったです(^^ カイロンの講座でのお付き合いはこれで終わりますが、今後も興味のある方とはご縁が続けばいいなあと、そう思っています。

基礎編のみなさんも、とても熱心な方ばかりで、また4月からの応用編でお会いできたら嬉しいと思っています。さらに紫微斗数の深いところを勉強していきましょう。


土曜日はサンプラザでの講義の後、鑑定を1件こなし
日曜日はサンプラザの講義後は近くの会議室で、僕の個人教室、椎羅会の紫微斗数研究会でした。




この研究会は。。
そうですね、東京ではもうかれこれ6年やってるでしょうか。

まだ僕がサラリーマンをしていた頃です。ネットで声をかけていただいて、関西と東京で紫微斗数を学びたいという者が集まって研究会を行うことになりました。まだサラリーマンだったので、表立って看板を上げることもなく、ネットで告知することもなく、口コミというか、ご縁のある方に教授させていただくことにしました。でもまあ、今はもうサラリーマンを辞めたので、こうしてブログで紹介してもいいでしょう(^^

当初は、今のカイロンで講義している内容と同じカリキュラムを繰り返して講義したので、この研究会を卒業された方も多いです。でも、ずっと残ってくださってる方もおられて、今は実践演習を主体に研究しています。いろんな人の命盤をみんなで読んでいくのですが、今回の東京の研究会では、僕としては横山やすし氏の命盤分析が面白かったですね。自分ひとりで見ていてもなんか煮詰まってしまうのですが、こうして会員や弟子たちとディスカッションしながら読んでいくと、思わぬ発見がある。ううむ、紫微斗数、恐るべし(笑)

次回は、なかなか理解習得が難しい、椎羅式運命数値を使った行運分析について、横山やすし氏の命盤を使って、おさらい、というか詳しく解説するところからはじめましょう。


この研究会、関西では8年前からやっていたのですが、今は一時休止しています。でも、また勉強したいというお声もいただいているので、近々再開したいと思っています。九星を勉強したいという声もいただいているので、関西では、紫微斗数を中心に、広く東洋占術の基礎を研究するような研究会にしてみましょうか。また準備ができたら再開したいと考えています。



月曜日は昔からの東京の占い仲間と、それわそれわ濃い話を思う存分してきました。僕が心から楽しいと思えるひとときです。この仲間たちに出会えたことに感謝。とはいえ、占い漫談、占い放談。面白いネタもあるのですが、長くなりますので、それはまた項をあらためて。

|

« うらない君とうれない君(36) | トップページ | うらない君とうれない君(37) »

占術一般」カテゴリの記事

紫微斗数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/59246055

この記事へのトラックバック一覧です: 東京出張:

« うらない君とうれない君(36) | トップページ | うらない君とうれない君(37) »