« うらない君とうれない君(35) | トップページ | 東京出張 »

2015年3月12日 (木)

うらない君とうれない君(36)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。

(137)12/22放送分 時事のコーナー
https://www.youtube.com/watch?v=VzQTiExy62E

・小保方さんSTAP細胞再現できず、佐村河内事件、野々村議員など。
・今年はお騒がせ人間が目立った。
・占いの年は2月4日で変わるが、そのあたりで小保方さんと佐村河内さんは評価が180度変わった。
・今年は「事実無根」や「爆発的」「びっくり」というキーワードがあった。
・このサイクルは9年で巡る。
・今日(12月22日)は冬至である。
・今年はまだ終わってないので、まだびっくりするようなことが起こる可能性がある。

(138)12/23放送分 縁起の良い年賀状の書き方
https://www.youtube.com/watch?v=2zwpzE61qx0

・相手によい印象を与える年賀状の書き方はあるのか?
・「新年あけましておめでとうございます」は、2つの新年がだぶっている。
・A Happy New Year は「A」がつくので「楽しいお正月」という体言になっている。
・本当はI wish your merry christmas and a happy new year.である。
・今年は、葉書の右下の隅にワンポイントを置くと、目上の引きたて運がよくなる。

(139)12/24放送分 クリスマスの意味
https://www.youtube.com/watch?v=nh_5U7omK78

・むかしアメリカでは、クリスマスイヴは1年の憂さ晴らしの馬鹿騒ぎをする日だった。
・4世紀ごろのセント・ニコラウスという人がサンタクロースのモデル。
・などなど、クリスマスのうんちく話。
(140)12/25放送分 人相占い基礎講座(19)
https://www.youtube.com/watch?v=ircnV5HH18E

・口の両端、口角は上がってる方がよい。
・決断するとき、考えを深めているときは口角は下がる。
・口角が下がっている人は頼りになる人。
・しかし他人のために働くので、自分の運がいいかどうかは別物である。
・左右でゆがんだ口の人は、人相的には心の中の不平不満の表れと言われる。
・温厚そうに見えて実は癇癪持ち、とか。

|

« うらない君とうれない君(35) | トップページ | 東京出張 »

うらない君とうれない君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/59243972

この記事へのトラックバック一覧です: うらない君とうれない君(36):

« うらない君とうれない君(35) | トップページ | 東京出張 »