« うらない君とうれない君(23) | トップページ | 冬コミ出展 そもそもの発端 »

2014年12月 5日 (金)

冬コミに出展します

このたび、東京の仲間たちと一緒に、コミックマーケットに出展します。

コミックマーケットとは、知る人ぞ知る、日本のアニメ・漫画文化を支える一大祭典ですが、自主制作の漫画だけでなく、研究評論誌、手芸用品、写真集など、世界最大の創作物の展示即売会なのです。今回、以下の創作物を出展します。

■「紫微斗数タロットカード」

紫微斗数の主要な星36星をモチーフに、オリジナルのタロットカードを作成しました。占いとは「偶然によって得られた象徴を読み取る技術」ですから、紫微斗数の象徴を使ったカードもあっていいんじゃないか、ということで作ってみました。なんでも台湾ではすでに2007年に「紫微斗数タロット」が出版されているそうです。東京の教え子である双神瑠花嬢が作画し、miesha嬢が解説を書きました。

14_7 35_6 33_3

36枚デッキ 特製解説書付き 200部持込予定 予価2,500円
監修:椎羅  解説:miesha  作画:双神瑠花


■「みーしゃと椎羅の『カンタン』紫微斗数

Photo_6
私の講座では、14主星のイメージづくりや命宮主星の解読について、多くの資料を活用し時間をかけて説明しているのですが、東京の教え子であるmiesha嬢がその内容を、わかりやすく、女の子らしい優しい文章で書いてくれました。おそらく日本で一番カンタンな紫微斗数の入門書です。

紫微斗数は、命宮主星を見るだけでも、その人の性格や行動の特徴、長所短所がわかります。さらにはどのような行動や態度を取れば運が下がり、どのような行動や態度を取れば運が上がるのか、といったこともわかります。命宮の星を「輝かせる」ことで、その人の運を改善し、幸福や成功を得ることができるのです。短所を意識しつつ長所を伸ばす、避けるべき行動や態度を避け、取るべき行動や態度を取る、そうすることで星を輝かせることができます。私は、これが本当の意味での開運法なのだと思っています。このたびの小冊子も、その点に重点を置いて書きました。miesha嬢は工夫をこらし、開運メイクまで考えてくれました。

A5 120P予定 150部持込予定 予価1,500円
監修:椎羅  著作:miesha  表紙イラスト:hiichan


■「占い夜話」

コミケなんだから「薄い本」も書かなくちゃね(笑)、ということで、仲間たちと同人誌を作りました。占いに関する新たな知見から、楽しいこぼれ話まで、幅広い占いファンに楽しんでいただけるエッセイ&研究報告集です。

Photo_7

大石眞行:「合性の真実」
熊本健一:「ウマイ占われ方などのヨタ話」
田中俊平:「香港の若手占術家が競う『世界占い選手権』」
富永祥玲:「私の占い遍歴」
北斗柄(松岡秀達):「シルクロードで伝播したものは」
     「それでも私は自動占いを作る」
鎗田宗准:「梅花心易の不思議」
椎羅  :「占星術 にしひがし(12という数の秘密)」

以上8編を収録。
A5 20P 200部持込予定 予価300円



■コミックマーケットについて

コミックマーケット87
東京ビッグサイト 2014年12月30日(火)
東2ホール Uブロック 07a 「占い館みーしゃと椎羅」

入場無料です。

どうぞ、多くのみなさんのお越しをお待ちしています。
とは言え、唯一の関西組の私は、ブースの立ち上げは東京メンバーにまかせて、12時頃に重役出勤をかます予定です(笑)午前中は、北斗柄氏、田中俊平氏、miesha嬢、双神瑠花嬢がお待ちしています(^^


今回の創作物はプロのイラストレーターやプロの編集者の手を借りることなく、すべて自分たちの手作りで仕上げました。そのため、プロの作るものに比べたらかなりもっちゃりしたところがあるかも知れませんが、手作りのぬくもりを感じていただけたら幸いです。


メンバーのひとり、田中俊平氏のホームページ「大久保占い研究所」での紹介はこちら。
http://www.senjutsu.jp/html_miesha.html

|

« うらない君とうれない君(23) | トップページ | 冬コミ出展 そもそもの発端 »

占術一般」カテゴリの記事

紫微斗数」カテゴリの記事

コメント

椎羅先生
カイロン大阪でお世話になりましたmayukoです。
応用編卒業後はネット占いなどしながら、教えていただいた内容を復習する毎日です。
残念ながら冬コミには行けないのですが、紫微斗数タロットと占術夜話、すごく欲しいです。
可能であれば、先生の講座のある日に合わせて教室まで伺いたいのですが・・・
いかがでしょうか?

投稿: mayuko | 2014年12月 5日 (金) 21時53分

MAYUKOさん、コメントありがとうございます(^^

私としても初めての試みなので、コミケの反応がどのようなものか、やってみたいとわからないというところもあるのです。(果たして完売なるや?売れ残るや?)

なので、コミケ終了後、あらためてMAYUKOさんのメアドに個別にメールさせていだきます。どうぞよろしくお願いします。

投稿: 椎羅 | 2014年12月 5日 (金) 23時14分

早々にコメントありがとうございます。

冬コミの成功をお祈りしています。

でも、私の分だけは売れ残ってほしい…なんて自分勝手なことを思いつつ、メールお待ち申し上げています。

投稿: mayuko | 2014年12月 5日 (金) 23時31分

追伸です。

携帯のアドレスが変わりました。
お手数おかけしますが変更をお願いします。

投稿: mayuko | 2014年12月 5日 (金) 23時36分

MAYUKOさん

事前のご注文が受けれるのかどうか、仲間と相談してみまます。
携帯メアド変更、賜りました(^^

投稿: | 2014年12月 6日 (土) 00時00分

椎羅先生
お気遣いいただき有り難うございます。
お世話をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

投稿: mayuko | 2014年12月 6日 (土) 02時08分

椎羅 様

拝啓 時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
紫微斗数についての詳しいブログを探し、先生のブログにたどり着き、何度も拝見させて頂いておりま
す。

既に年金生活者に近く、この年齢になって占術に関心を持つのも、如何なものかと思われそうですが、
先年PHP新書の紫微斗数の本を読み、自分の「命宮」に星が無いのを知り、自分の生き方を象徴する
ようで本当に驚き、自分はどんな星を持っていたのかと考えてしまいました。

書店にめぼしい本も無く、アマゾンでも調べたのですが素人が簡単に分かる感じのものも無く、先生の
紫微斗数入門が最良のものだと思っております。
ですが恥ずかしながら、例えば星が複数ある場合など、どう考えるのか未だに混乱している格好であり
自分の「命盤」を眺めているだけに近い状況です。
本職の方に解説してもらえば一番なのでしょうが、今の所上京するような機会もありません。

今般コミケに出品される入門書を知りました。これなら自分のような者でも分かるかなと思い、もし郵送
で販売して頂けるものでしたら、大変お手数ですがご連絡下さるようお願い申し上げます。
                                                       敬具
                                                  秋田県在住者
                                              

投稿: 秋田県在住者 | 2014年12月18日 (木) 11時21分

秋田県在住者様

ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
また、拙ブログも詳しくお読みいただきまして、まことにありがとうございます。ブログ主の喜び、これに勝るものはございません。

さて、
このたびの入門書「みーしゃと椎羅のカンタン紫微斗数」をご希望とのことですが、これは、もともとコミケに出展することを目的として作成しましたので、まずはコミケを優先したいと思います。と申しますのも、当日コミケで販売する分の在庫が枯渇しますと、わざわざコミケに足を運んでくださった方々にたいへん申し訳ないことになってしまうからです。

そのあたりの事情を、なにとぞご理解、ご斟酌くださいませ。

個別のご要望につきましては、コミケ終了後、当日の反響や在庫の状況を見たうえで、またあらためてお知らせ、ご連絡させていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。


投稿: 椎羅 | 2014年12月18日 (木) 19時41分

椎羅 様

拝復 ご連絡を頂き有難うございます。

この度は、大変勝手なお願いをして、誠に申し訳ございませんでした。
コミケ終了後に在庫がございましたら、宜しくご連絡方ご手配下さるようお願い申し上げます。

有難うございました。
                                                     敬具
                                                  秋田県在住者   

投稿: 秋田県在住者 | 2014年12月19日 (金) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/58185195

この記事へのトラックバック一覧です: 冬コミに出展します:

« うらない君とうれない君(23) | トップページ | 冬コミ出展 そもそもの発端 »