« オープンソースということ(コミケに寄せて) | トップページ | うらない君とうれない君(25) »

2014年12月28日 (日)

うらない君とうれない君(24)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。

(89)11/04放送分 11月の世間予想
http://www.youtube.com/watch?v=f-QwNDSaNLc

・井戸の卦が出た。
・一度では済まず、何度も何度も足を運んでやっとらちがあく、という運気。
・単純に考えると外国との交渉ごとか。急激な進展はないであろう。なかなからちがあかない。
・口に入るもの、飲食物がキーになる。
・スーパーなどで販売されている食品関係で一悶着ありそう。
・話し合いで終わるものがお金で解決、という事例が世を賑わせそう。


(90)11/05放送分 相談コーナー
https://www.youtube.com/watch?v=1XphNXY3cZ8

・仕事の調子がよくなってきたが、いつだめになるかと思うと心配である。
・うまくいってる時の心構えは?
・人間、攻めが強いタイプと守りに強いタイプがいる。
・攻めに強い人が、目標を達成したときにどう守ればいいかわからず、このような悩みを持つことがある。
・発想を逆転させ、何をやっても同じなので、自分から今の立場を壊すようにするとよい。
・守ろうとするから不安になるのでって、攻めに強い人は、ここまでやったら壊れるかなという攻めをあえてやってみる。

・赤面恐怖症の人は、赤くなったらどうしようと思うとますます赤くなって緊張する。逆に、人前で赤くなろうとすると、意外に赤くならないものである。
・だいたい悩んでるときは、真逆なことをやるとよい。
・そう考えると人生ずいぶん楽になるし、かえってうまくいく。


(91)11/06放送分 人相基礎講座05
https://www.youtube.com/watch?v=3YyNofWpSIk

・動き、クセの中で見ていく。
・人相の中に「体外六相」という考え方がある。
・しゃべってるときに顔に手が行く人。原則的にはあまりよくない。
・しゃべってるときに額に手が行く人。目から上は目上を表すので、目上の人と揉めていることが多い。
・額を掻くと運気が伸びる(左手で掻くと運気がすぐに良くなる。右手で掻くと2度3度プッシュして願いが叶う)。
・額を撫でると掻くとは大違い。


(92)11/07放送分 人相基礎講座06
https://www.youtube.com/watch?v=XS33P6VKnvM

・顎はその人のベース、本拠地を表し、住まい、住居を表す。
・顎を撫でる人は、住居が落ち着かない(家賃滞納で追い出されそうとか、引っ越しが多いとか、家がかたづいてないとか)。
・サラリーマンは、会社がベースなので、上司とぶつかる可能性がある。
・鼻は財運を表すので、鼻をよくいじる人はお金を工面しなくてはいけない状況にある。
・顔面はあまり触ってはよくない。触ってよいのは膝である。
・身振り手振りの大きい人は信用の置けない人であると見る。



|

« オープンソースということ(コミケに寄せて) | トップページ | うらない君とうれない君(25) »

うらない君とうれない君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/58397576

この記事へのトラックバック一覧です: うらない君とうれない君(24):

« オープンソースということ(コミケに寄せて) | トップページ | うらない君とうれない君(25) »