« うらない君とうれない君(18) | トップページ | うらない君とうれない君(20) »

2014年12月 1日 (月)

うらない君とうれない君(19)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(69)10/15放送分 素人でも占えるようになるのか?
http://www.youtube.com/watch?v=ICNtbS8r2Uw

・占いは何か神秘な技のように思われていて、霊感がないとだめなのかとか、特別な修行をしなければいけないかとか言われるが、占いは技術的なものであるので、勉強すれば誰でもある程度のところまでは行ける。
・長谷川君の望みには「相術」が適当であろう。
・諸々あって「人相」をやろう。
・では次回から、見てる人にも役に立つ「人相講座」を行っていく。


(70)10/16放送分 占い君に相談
http://www.youtube.com/watch?v=e8mrNZXbzFM

・主婦からの相談。
・子供をミュージシャンにしたいのですが、芸術的才能があるのか、またそれを身につけさせる方法がありますか?
・生年月日時から割り出すのは初心者には難しいので、人相手相がよいだろう。
・左右の薬指がすらっと伸びているのがよい。
(薬指は芸術や感性の指)
・芸術的天分は眉に出る。
・眉の見方の詳細は動画を参照のこと。
・眉の上の書きほくろでも効果がある。


(71)10/17放送分 暦で2月が少ないのはなぜ?
http://www.youtube.com/watch?v=ReP_Y-ZvcYU

・英語で10月はoctoberと言う。
・8本足のタコはoctopus、音階の8音はオクターブ。
・octは8という意味である。10月なのになぜ8なのか?
・9月はseptemberと言うが、sepは7という意味である。
・なぜ9月なのに7なのか?
・昔のカレンダーは3月から始まっていた名残りである。
・季節は春夏秋冬、春から始まるというのが人間の感覚なのである。
・だから2月は年度の最後の月なので、28日で、閏年のときに29日となるが、昔は大晦日に当たるので、そのような一年の帳尻を2月で合わせようとした。


(72)10/18放送分 月食と権力の意外な関係
http://www.youtube.com/watch?v=gPErIzsmEBs

・先日月食があった。
・古代の人にとって、太陽や月が欠けるというのは不気味なものであった。
・太陽は男性を表し、月は女性を表す。
・現代だと、女性でトップに立つ人の力(権力)が削られて行くと見る。
・世界の中で、女性指導者は気をつけなくてはいけない時である。
・どこの位置で日食、月食が起きたかで、その場所も特定できる。
・今回はアジア地域である。

|

« うらない君とうれない君(18) | トップページ | うらない君とうれない君(20) »

うらない君とうれない君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/58140541

この記事へのトラックバック一覧です: うらない君とうれない君(19):

« うらない君とうれない君(18) | トップページ | うらない君とうれない君(20) »