« うらない君とうれない君(3) | トップページ | うらない君とうれない君(5) »

2014年11月 3日 (月)

うらない君とうれない君(4)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(9)8/16放送分 占いを敬遠する人に
http://www.youtube.com/watch?v=WL0SROyvk3U

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・占いは「信じる信じない」というよりは「使えるか使えないか(当たるか当たらないか)」という観点で捉えた方がよい。
・心理テストは自分が参加してるという感覚があるが、占いはそのようなものがない。そこで、占いの場合でも問占者に参加してもらうようにすると、俄然食いつきがよくなる。
・占い嫌いは食わず嫌いが多い。とりあえず試してみられてはどうか。


(10)8/17放送分 占い師のオンとオフ
http://www.youtube.com/watch?v=zGoxTf--c8k

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・大石氏は仕事を離れると占いのことは考えない。
・大石氏にとって「占い」は道具なので、使おうと思ったときに使う。
・目先の損得のこだわると大局を見失う。なので、日頃細かく占うことはしない。


(11)8/18放送分 最近のニュースから
http://www.youtube.com/watch?v=C1FIwVRB8bk

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・東京中野の「まんだらけ」で高額商品が万引きされ、その犯人の画像を公開するということが話題になった。
・賛否両論あるが。。


(12)8/19放送分 何人くらい観たのか
http://www.youtube.com/watch?v=ZZs02yfDxmQ

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・大石氏は延べ7000人くらいの人を観て来た。
・脱サラして占い師になったのは1993年。占い師人生は23年目である。
・大石氏占い師人生当初の頃の面白い話。

|

« うらない君とうれない君(3) | トップページ | うらない君とうれない君(5) »

うらない君とうれない君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/57869652

この記事へのトラックバック一覧です: うらない君とうれない君(4):

« うらない君とうれない君(3) | トップページ | うらない君とうれない君(5) »