« うらない君とうれない君(5) | トップページ | うらない君とうれない君(7) »

2014年11月 5日 (水)

うらない君とうれない君(6)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(17)8/24放送分 占い雑学
http://www.youtube.com/watch?v=h8q52_JzKwA 

・個人を占う占いの他に世の中にも運がある。
・社会の運を見る場合、社会は大きなサイクルで動いているという考え方がある。
・そのサイクルの中に、180年をサイクルとする考え方がある。
・今年を見たければ、180年前を考察してみる。
(ぴったりとではないが、おおよそざっくりと見る。)
・180年前の日本は幕末期であった。
・黒船が襲来して開国を迫り、幕府が大慌て。
・今のTPPで揺れる日本も何か近いものがあるのではなかろうか。
・ぴったりとではないが、180年前の幕末から明治維新、そして。。
という流れを当てはめて考えてみると、また面白い考察ができるのでは?


(18)8/25放送分 改名について
http://www.youtube.com/watch?v=2hWX7os-mwQ

・改名というのは意味があるのか?
・姓名判断という占術がある。
・それは名前を基準に見るので、名前を変えると運勢も変わるのであないか?という仮説が成立する。
・確かに名前と運命は関係しているが、持って生まれた運(生年月日による運)を身体に例えると、名前は洋服のようなものである。
・その洋服を着て似合った人がいたとしても、誰でもがその洋服が似合うとは限らない。
・持って生まれた運(生年月日による運)に合わせて名前を選ばなければならない。


(19)8/26放送分 占い師の収入
http://www.youtube.com/watch?v=yIkxPUCsi4Y

・占い師の主たる収入源は「鑑定」(占うこと)と、教室で教えることである。
・雑誌に原稿を書くこともある。
・元手がかからないように思われているが、開発費(占いを習得するための書籍や情報料、授業料など)が結構かかっている。
・占いには資格もないし、価格に基準があるわけではない。なので占い師の所得には個人差が大きい。
・街頭占い師は、ちゃんとお客さんがついていればサラリーマン程度の月収を稼ぐ人も多い。


(20)8/27放送分 結婚について
http://www.youtube.com/watch?v=ulwLoWOUZBA

・最近結婚した番組スタッフが「結婚は人生の墓場」なのでしょうか?と言っているのだが。。
・いろんな人との相性や受ける影響などなどあるが、占いの観点から言えば、配偶者、結婚相手からの影響が一番大きい。
・自分にとっていい人と結婚すると人生が広がるが、自分の運を押さえる人と結婚すると「結婚は人生の墓場」ということになる。

・確率で言うと、よい人と結婚している人の方が少ない。
・占いで言うところの相性は、愛情があるとか価値観が一致しているとかいうことではなく、自分の運をよくしてくれるかそうでないか、ということである。一般の価値観と必ずしも一致しないところが難しいところである。
・占い的に言えば、愛情と相性は別物である。愛情は自分でわかるので、相性については占い師の判断を仰いでください。 

|

« うらない君とうれない君(5) | トップページ | うらない君とうれない君(7) »

うらない君とうれない君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/57890477

この記事へのトラックバック一覧です: うらない君とうれない君(6):

« うらない君とうれない君(5) | トップページ | うらない君とうれない君(7) »