« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

うらない君とうれない君(18)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(65)10/11放送分 コウメ大夫さんの合コン暴露話。
http://www.youtube.com/watch?v=Fxey-kFYJ0s

・コウメさんは後輩の面倒見がよい。
・後輩を連れて集団お見合いパーティーに行っている。
・会話が途切れたときは、目に入ったものを言葉に出して言う。
・3回yesを言わせると、人間は心を開くものである。


(66)10/12放送分 乃木坂46・松村沙友理さんを占う。
http://www.youtube.com/watch?v=cRS6PjJBvYs

・旬な人占い。
・四柱で占っている。
・彼女にとって、10月もだが9月の方が悪い運だった。
・この後の展開としては、年内の間はよけいなことを言わないこと。
・言えば言うほど墓穴を掘る。
・2度目の方がきつくなるので、年内はひたすらおとなしくすること。
・年が変われば、スムーズに行く。


(67)10/13放送分 世間予報についての追加報告
http://www.youtube.com/watch?v=RNA-MOA7EyE

・収録日の都合で、それ以降に9月に起こったことの検証。
・山に注意 → 御岳山噴火
・悪い話なので、当たったと喜ぶわけにはいかないが。。
・占いというものは、正しく使えば役に立つ情報も得られる。
・妄信ではなく、そういった意味でこの情報を使ってもらえればありがたい。

ううむ。。
前にも書いたが、大石眞行、やるなあ。


(68)10/14放送分 今月の花方位
http://www.youtube.com/watch?v=bFnmEcJtTDc

・方位は西南45度のゾーンの中の花屋
・10/14 9時半〜10時半
・10/23 9時半〜10時半
・10/31 17時半〜18時半
・11/01 9時半〜10時半
・自分ではなくご家族であっても、この時間帯の中で花を買って家の持ち帰ると効果が得られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

うらない君とうれない君(17)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(61)10/7放送分 大安や仏滅を気にする?
http://www.youtube.com/watch?v=rS5FOMUUHzY

・一般の人でも、大安や仏滅を気にする人が多い。
・しかしプロの占い師であればあるほど、これらを気にしない。
・もともと大安とか仏滅は六曜とか六輝と言い、2時間ごとに変わるものである。
・だから大安の「日」ではなく大安の「時間」なのである。
・一日のスタートがどの曜の時間にあたっているかで、日の六曜を決めている。
・「仏滅」は、もともとは「空亡」と言っていた。「物滅」と書いていた時代もあった。
・だから仏教とは何の関係もない。
・本来の意味と変わってしまっているので、気にする必要はない。


(62)10/8放送分 コウメさんの新一発ギャグを占う。
http://www.youtube.com/watch?v=3e3vpo58pKk

・コウメ大夫さんは次のギャグに悩んでいる。
・「チクショー」を超えるギャグを考えたい。
・こういった個別の質問については生年月日で見るよりも易を立てた方がよい。
・2つの火が燃え盛っているという卦が出た。
・火が燃え盛ってる。色をイメージできる言葉。などがよい。


(63)10/9放送分 コウメさんの新一発ギャグ完成?
http://www.youtube.com/watch?v=P8gPAUH4J5w

・怒り、爆発、そのようなイメージ。
・「どばーん」というギャグが生まれたww


(64)10/10放送分 世間予報の答え合わせ。
http://www.youtube.com/watch?v=w9LlTGS1K28

・「解」のキーワードとなる → 政府が吉田調書を公開。昭和天皇実録が9/9に公開。
・解禁と言っていいだろう。
・9月中はどんよりとした天気である → 感覚的にはどんより気味だったのではないか。
・前の人の尻拭いがおこる月 → 朝日新聞木村社長が慰安婦報道を謝罪(4代前の社長在任中に起きたこと)。
・外人助っ人が活躍 → NHK連続TV小説まっさん 朝ドラ初の外国人ヒロインで話題
・山に注意 → 9/15愛媛県大森で救助員が滑落死する。救助者がFBに投稿して問題に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うらない君とうれない君(16)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(57)10/3放送分 コウメ大夫登場!チクショー。
http://www.youtube.com/watch?v=1Kd3lmp6l9s

・なんと、ゲストに、あのコウメ大夫が登場!
・シングルファザーとなったので、家庭運を見て欲しい。
・お見合い話があるので、見て欲しい。

(58)10/4放送分 コウメ大夫さんの結婚運。
http://www.youtube.com/watch?v=o4CXzrOn1Qs

・結婚しようと思うと3回結婚できる運である。
・今年、来年に女性運が出ているが、来年の方がいい。
・今年9月に出て来た話は、あまりよくない。
・来年になって出てくる話の方がよい。
・今年であった人が気に入っているのなら、来年2月まで引っ張って、その後詰めていくとよい。
・でもまだ会ってはいない。
・気に入ったのなら、来年まで引っ張るとよい。


(59)10/5放送分 コウメ大夫さんのお見合い相手。
http://www.youtube.com/watch?v=MNR8d4JZxE0

・相手は働く方である。
・お若い方である。
・星を見ても可愛い人である。
・実際に会うとまた印象が変わるかもしれない。
・今年は話を詰めて行って、結論は来年に持ち越すのがよい。


(60)10/6放送分 コウメ大夫さんの仕事運。
http://www.youtube.com/watch?v=Jqy8anoG1eE

・今年は全国CMが入った。
・小梅さんの仕事運は2008年あたりから2018年まで、実力はあるのにそれが発揮されない、という周期にいる。何か蓋がかぶさっている感じである。
・もともとの人気運が強いので、蓋がかぶさっている時期ではあっても、ときどき蓋が外れるときがある。
・今はコンスタントに運が出てくるというよりは、期間を置いて出てくる仕事運である。
・2014年2015年は安定した仕事運であるが、2016年がすごくいい。
・今年来年をこのままのペースでやり過ごすと2016年にブレイクが見込まれるので、そこまでつなぎましょう。
・今年来年は今のペースで力を蓄え、2016年に頑張るとよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

うらない君とうれない君(15)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(53)9/29放送分 悪い結果を言われたときの対処法
http://www.youtube.com/watch?v=Adl0nqdIeRU

・占いだから悪い結果が出ることもある。
・占いの占断は、一挙手一投足に至まで決まっているということではなく、こっちの方向に持って行かれるぞ、ということを告げているのである。
・占いの結果は、質としては決まっているが、量としては決まっていないという特徴がある。
・具体的に言うと「血を流す運命が待っている」と言われたとき。指の先を針で突いて一滴血を流すのも「血を流す」であり。事故に会って大手術を受けるのも「血を流す」である。
・消化試合の消化みたいなもので、それを消化すればよい。
・台湾などでは、「血を流す年だ」と言われたら、年のはじめに献血に行く。
・どんな「かたち」であれ、「かたち」として消化すればよい。
・彼女と別れる運命である、と言われたら、いらない皿のひとつも割っておけばよい。
・自分の都合のいいかたちでノルマを消化することが、悪い結果を言われたときの対処法である。

いわゆる「厄落とし」に近いような感じでしょうか。
小難によって大難を避ける。


(54)9/30放送分 人みしりで困っている人へ
http://www.youtube.com/watch?v=Hv9kQreV340

・気にする人は、相手の目を見るとプレッシャーになる。
・相手の口元、あるいは眉間を見る。
・私のみっともないことを見てください、という気持ちが大事。
・開き直るということ。
・視線をそらしても相手は見ているので、開き直るしかない。
・占い的には、部屋の南に生花を置くと、対人運がアップする。

学生時代、演劇をちょっとかじったときに読んだ演劇技術の本に
見つめ合うシーンで、ほんとに目と目を見ると笑ってしまうので
相手の眉間を見ればいい(観客には見つめ合ってると見える)
と、書いてありました。
ああ、なるほどなあ、と。
僕も、今でも相手の目ではなく口元とか眉間を見て話をしているかも(^^


(55)10/1放送分 10月の世間予想
http://www.youtube.com/watch?v=xi2RmNv31rI

・生活必需品の何かが品薄になりそう。
・オイルショックの時はトイレットペーパーをみんなが先を争って買ったが、それほどのことはないが、そんな感じのことが起きる。
・天気は快晴が続き、いいお天気の日が続くであろう。また、火事には注意。
・女性閣僚の中の誰かが辞任する。誰かのとばっちりで辞めるような感じである。


この放送が10月1日。
ということは収録はその前。
で、みなさんご承知のとおり10月20日、小渕優子経産相と松島みどり法相が辞任した。松島議員にいたっては、とあbっちりというか、難癖つけられて辞めたようなかたち。

ううむ。
大石眞行、おそるべし!


で、あまりにうまく当てたので、彼に会って聞いたところ
世相占いは、象が欲しいので断易なあどではなく、周易の中筮法で出しているとのこと。
得卦は雷沢帰妹。
でも、「帰妹」からよく読んだよなあ。
おみごと!

(56)10/2放送分 芸能人や有名人の占い
http://www.youtube.com/watch?v=avqF7paUTvM

・今まで、芸能人や有名人を占ったことあるの?
・占い師には守秘義務があって、占い界の倫理規定にかかわるので話せない。
・ただ、TVの企画で、さんまのからくりTVで中村玉緒に占いを教えたことがある。

そうか。大石氏は「八卦見」という言葉をご存知なかったか。
てことは「八卦見」は関西弁?
関西人の私は普通に使ってるんだけどな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

うらない君とうれない君(14)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(49)9/25放送分 幸せと吉
http://www.youtube.com/watch?v=1KNDlYa7BTE 

・素朴な疑問。最近何かいいことあった?
・床屋に行って缶チューハイをもらった。
・みんな勘違いしているが、大きな吉や凶は、そうそう起こるものではない。
・日常生活の中のささやかな幸せ、スムーズにことが運んだとか、なんとなくうまくいく、ということは、運がいいことのバロメーターなのである。
・そういった捉え方が大事である。


(50)9/26放送分 大江麻里子さん、松本大さんを占う。
http://www.youtube.com/watch?v=zSHRJ1fndPw

・十干十二支で占う。
・松本さん側には、今年結婚の星がはっきりと巡っている。
・松本さんは、すごく頭のいい人であるというのが伺える。
・大江さんの方には、結婚の他、いろいろな事象の星が出ている。
・でも。。  ねえ。
・またあした〜〜〜。


(51)9/27放送分 大江麻里子さん、松本大さんを占う(後編)。
http://www.youtube.com/watch?v=GSuBcqsetWk

・大江さん、去年から大きな10年の流れが変わっている。
・身辺が激動する時に来ている。
・今年は不安定な時期であり、結婚という安定を求める年ではない。
・彼女が今後、仕事をどう捉えるかということにかかっている。
・相性が悪いということではないが、占い師から見ると、ちょっと不思議なタイミングのスタートではある。


(52)9/28放送分 1年が13ヶ月の年があるの?
http://www.youtube.com/watch?v=hVGBL9-akDk

・一年は春夏秋冬、四季に分ける。
・3ヶ月ごとに四季は巡ってくる。
・ただ、年によって、夏が長いとか、冬が長いとか、そのような感覚がある。
・旧暦では年によって、閏月のある年(1年が13ヶ月ある年)がある。
・閏月の入った季節は、長いという見方がある。
・今年は秋に閏月が入るので、秋が長くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

うらない君とうれない君(13)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(45)9/21放送分 銭天牛師の思い出
https://www.youtube.com/watch?v=hwD_XqyxYqc&index=45&list=PLUe0HWxqyRMHoTz_euDEW5u6kLmTYqsox

・大石氏が占いに興味を持ったきっかけの本。
・カラー版ジュニア入門百科「占い教室」銭天牛著。
・銭天牛師との一期一会の運命的な出会い。


(46)9/22放送分 実験君のコーナー 運試しの結果
http://www.youtube.com/watch?v=tNoPmSmO1D0

・長谷川君は宝くじを3枚買った。
・1枚目、ハズレ。。
・2枚目、ハズレ。。
・3枚目、ハズレ。。
・花を買わなかったからなのか。
・でわ、来週花を買ってリベンジ。


(47)9/23放送分 筮竹のウンチク
http://www.youtube.com/watch?v=o2MEiztubKM

・最も占いらしい道具、筮竹。
・易という占いのための道具。
・一本引いて、それを見て判断する、というおみくじのように思われているが、それは誤解である。
・50本の筮竹を使って行う占いなので、1〜50の数字を選び出せる方法であれば、筮竹でなくても易を立てることは可能である。
・昔、銀座の占い師の元締めをやっていたおじいちゃんは、1万回使うと占えなくなると言っていた(筮竹にも有効期限があるようだ)。


(48)9/24放送分 恋愛運を上げる方法
http://www.youtube.com/watch?v=1fuRYXvYRxw

・会社と家の往復では出会いがない(物理的な問題)。
・物理的に異性のいないところにいては、恋愛も芽生えない。
・それをクリアした上で(一駅前で降りるとか、違う道を歩くとか、とかとか)占いで方法を考えてみる。
・人相では、目尻がほんのり赤く色づいていると恋愛中であると判断する。
・これを逆手に取って、目尻を赤くすると恋愛運が向上する。
・だからと言って、赤く塗るたくってもだめで、日本酒をちょっとふる。そうすると目尻がほんのり赤くなる(江戸時代からある方法)。男性の場合は左を、女性の場合は右を赤くする。
・手相では小指のすぐ下のところが恋愛運を表す場所である。
・そこを常日頃からマッサージして、そこの肉付きや張りを良くすると異性運がよくなる。
・顔と手の両面作戦で頑張っていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

うらない君とうれない君(12)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(41)9/17放送分 集中力を上げる方法
http://www.youtube.com/watch?v=p6ckWiHTsAc

・集中力を高めるのにはスカートを履くといい。
・スカートを履くと脚を締めることになる。
・骨盤を開くと集中力が散漫になる。閉めると集中力が上がる。
・スカートを履けというのは極端だが、内股で骨盤を閉めるような歩き方をしていれば集中力が上がる。
・外股で歩くと、細かいことは気にしなくなる。
・大胆、剛胆になりたい時は骨盤を開き外股で歩くとよい。
・それだけでもすいぶん変わる。
・心を変えたいときは、心よりもむしろ身体をいじるとよい。


(42)9/18放送分 大石先生はなんで占い師になったの?
http://www.youtube.com/watch?v=qQDqlyVveu8

・子供の頃に占いの本を読んで、すごくハマって占い師になった。
・ジュニア入百科のシリーズの中に「占い教室」というのがあった。
・子供向けの語り口ではあるが、内容は大人の鑑賞に耐えるものであった。
・あとがきに「占いというものは現時点では未完成のものである。これが科学の方向に向かうのか、アートの方向に向かうのか、それは君たちの肩にかかっている」という言葉に触発された。
・読んだのは小学校5年生の頃であった。


(43)9/19放送分 旬な人占い 錦織圭さんを占う
http://www.youtube.com/watch?v=vDAGV8uTMx8

・1989年12月29日生まれ
・毎年8月9月は悪い時期。
・なのに8月に頑張れたというのは凄いこと。
・でも9月はスタミナが切れる。
・9月をなんとかやり過ごせると、10月11月は凄く運気が上がる。
・10月11月に大きな大会があれば期待ができる。
・占い師のアドバイスとしては、9月は無理せず力を温存し英気を養い、10月以降に本気を出すといい。
・彼が優勝する可能性はあるのか?
・4年後、その可能性がある。


(44)9/20放送分 時事のコーナー
http://www.youtube.com/watch?v=tmKy-O53_Ng

・維新の党とゆいの党の名前について。
・占い的見地から言えば「会」にも生年月日がある。
・「維新の党」が誕生したのが2014年9月10日として見てみると。。
・再来年、2016年は非常に悪い。
・名前の付け方で見てみると、今年生まれの党に「新しい」という名前をつけるのは良くない。
・以上を考察すると、短命なのではないかと推測される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

うらない君とうれない君(11)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(37)9/13放送分 朝日新聞の池上彰さん騒動について
http://www.youtube.com/watch?v=wdsRegdGo70

・朝日新聞の生年月日で占ってみた。
・今年、朝日新聞の運気が悪い年に当たっている。
・今年は「過去の蒸し返し」という意味がある。
・過去を遡ると、1989年も悪い年である。
・この年は珊瑚礁の傷についての捏造事件があった。
・組織体であっても、人間と同じように運のいい時悪い時というリズムがある。


(38)9/14放送分 結果検証
http://www.youtube.com/watch?v=wrpq9OS756E

・8/22 山本府議について「すぐには終息しない。当事者じゃない人間もかかわる」という予測について。
・テリー伊藤氏が、キモイ発言で、BPO人権侵害申し立てると言う。
・百田尚樹氏がツイッターで気持ち悪いと投稿したことに対し、ツイッターで申し入れる。
・テレ朝で名刺を映され、イタ電殺到。BPOに申し立てる。
・と、広がりを見せている。
・他に、気象庁分析討論会で、8月は30年に1回起こるとする異常気象であったとされた。


(39)9/15放送分 運気の上昇を確認する方法ってあるの?
http://www.youtube.com/watch?v=rhV1vEW9RFM

・長谷川氏が、運が上がって来たのではないかという自覚。
・それを検証したいと思うのだが。宝くじを買ってみようかな。
・くじのように、自分の努力が反映しないものが「運」の判定としてはよい。
・宝くじならばナンバーズがよい。
・その中のクイックピック(コンピュータが選んでくれるもの)は、まったく運まかせなので、確認としてはよいのではないか。
・では、それで実験してみよう。


(40)9/16放送分 ウンチク君のコーナー。童貞の男の爪は素晴らしい。
http://www.youtube.com/watch?v=wGAnTuNvz6Y

・爪占いというものがある。
・アラブ民族のバザールなどに行くと、若い男(童貞)の爪を黒く塗ってそこを見ると、ヴィジョンが浮かんでくるという占いを見ることがある。
・大石は、最初間違って「処女の爪」と覚えていたのだが、西洋の占いに詳しい友人のヘイズ氏に、それは違うよ、童貞の爪だよと教えてもらった。
・西洋の魔法の伝統の中に「黒鏡」という技法がある。黒く塗った鏡を見ると、そこにヴィジョンが見えるというもの。
・その延長線上に「水晶球占い」がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

うらない君とうれない君(10)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(33)9/9放送分 架空のキャラクターの生年月日で占えるか?
http://www.youtube.com/watch?v=YXxVfqflYXs

・小説とか漫画のキャラクターの生年月日で占うとどうなるか?
・全く架空の人物なのだが、結構読めることがある。
・小説家は、自分の創作した人物が勝手に動き出すということを言うが、それが名前と生年月日に従った動き方をすることがある。
・ドラエモンを見てみると、結構ドラエモンのキャラ設定の運命が読めたりする。

これは、ウンチク君のコーナーで、遊びのネタのようではあるが
僕にはうなづけるものがある。

占いというものは、畢竟、偶然を作り出す操作によって得られた象徴を読み取る技術である。だから、その対象が花や山のような自然物、あるいは陶器や文房具のような事物であっても、ひいては今回の例のような架空の人物であっても、読むことは可能なのであると思う。このあたりに、占いの本質が潜んでいるのだと思う。面白い遊びネタのような話題であるが、ちょっと考えてみると、深いものが横たわっている。


(34)9/10放送分 金運を上げるためには?
http://www.youtube.com/watch?v=eEI4EmdAy-c

・開運法を取ったとしても空からお金が振ってくるわけではない。
・真面目に働いていて、その効率を良くしようというのが開運法である。
・手相を使ってみると、大陽線(薬指に向かって伸びている線)のある人は見返りを期待できる。
・それがあれば、それにこしたことはないが、そこをマッサージするとか、薬指を後ろにそらせて、中指を小指をクロスさせると大陽線ができる。それをやっていると、臨時の仕事が来たりする。右手でやること。


(35)9/11放送分 素朴な疑問。占いってなんで当たるの?
http://www.youtube.com/watch?v=hFoMmqXj8oY

・親子が似るのは当然であるが、他人で似ている人は何か似ているところがあるのではないか、と考えるのが占いの考え方。
・本来全然関係のないものを結びつける、というのが占いの考え方。
・科学的思考法にはなじまない考え方である。
・占いは統計であるという言われ方をすることがあるが、それは間違いである。

サラっと語っているが、占いというものの本質を突く深い話。
できれば、拙エッセイ「占いとは何か」 
http://the-fortuneteller.cocolog-nifty.com/blog/what.html
も合わせて読んでいただけるとありがたい。

拙エッセイの本文はもう20年前に書いたものなので、どうも言葉遣いがもっちゃりしている。そのうち、もうちょっとすっきりした言葉で書き直したいと思う。 

また、僕の術友の北斗柄氏も、以前ブログにこんなことを書いていた。
http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20110818
「占いについてちょっと根っこの話」
これも参考になるかも。

(36)9/12放送分 旬な人占い。
http://www.youtube.com/watch?v=vag2Q0qM32k

・日本エレキテル連合を占ってみる。
・最初の結成年月日はよくないが、再結成の年月日がよい。
・結成年月日というのは大事である。
・それによると、今年来年は突っ走れるのではないか。
・年末の流行語大賞の狙えるのではないか。
・再来年あたりは健康に注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

うらない君とうれない君(9)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(29)9/5放送分 旬な人占い
http://www.youtube.com/watch?v=9VGKitOj5UU

・金山一仁さんと大淵愛子さん。
・お忙しい方々なので、頑張っていただきたい。
・早ければほんとに早い(笑)
・11月、3月は大変な月。
・普通のかたちの夫婦に収まらない、常識のとらわれない方がいい。


(30)9/6放送分 9月の花買い開運法
http://www.youtube.com/watch?v=irm0QWA0wtc

・東北45度。
・9月8日 17時半〜18時半
・9月15日 17時半〜18時半
・10月2日 11時半〜12時半


(31)9/7放送分 今月の世間予想
http://www.youtube.com/watch?v=dVUc07FVxoc

・9月のキーワードは「解」。
・何かの認可がおりそうになる(解禁)。
・天気はどんよりとした天気。今年は秋が長く続きそう。
・前の人の尻拭いをしなければならない月。
・民間企業では、二代目経営者が頑張る月。
・外人の助っ人が力になる月。
・山に注意。

「山に注意」
これは9月7日の放送である。
ということは収録はそれよりも前。

みなさん、ご承知のとおり今年9月27日の御岳山噴火により
多くの命が失われた。

大石眞行、恐るべし!


(32)9/8放送分 時事のコーナー
http://www.youtube.com/watch?v=LpHDFldc0Yk

・アイスバケツチャレンジ。
・死傷者まで出るというのはやりすぎではないか。
・広めるということが強制になってはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年11月13日 (木)

うらない君とうれない君(8)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。

(25)9/1放送分 双子の運命は同じなの?
http://www.youtube.com/watch?v=t0U0rivcEyI

・素朴な疑問と言いながら核心を突いた根源的な質問。
・双子、すなわち生年月日時が同じ人は同じ運命を辿るのであろうか?

・生年月日時で示される運命は、例えて言えば、物理学の実験室で行われる物体の発射運動のようなものである。
・実験室の中では、物体の初速度と角度が分かれば、何秒後にその物体がどこにいるのか計算できる。人間の運命を生年月日時で推定するというのは、これとよく似ている。
・実際の人間の人生は、物理実験室のように、他に何もないということはなく、いろんな人との出会いや、その他の様々な条件が加わる。それによって運命の軌跡は変わっていく。
・本人の生まれ持った「勢い」は生年月日時で推計できるが、人生途上、どのような環境に居たのか、どのような人との出会いがあったのか、そういったことを加味して判断しなければいけない。
・だから双子といえども、全く同じ人生を送るとは言えないのである。

この点に関しては、過去、私も同じような考えを述べたことがあります。
「タイム・ツイン」
http://the-fortuneteller.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-40e8.html

僕の結論も、大石氏の考えと同様のものです。


(26)9/2放送分 うんちく君
http://www.youtube.com/watch?v=SAaIx56rAUg

・前に180年のサイクルという話をしたが、60年のサイクルもある。
・還暦というのは60年で生まれた干支に戻るということである。
・アメリカという国は本土が戦場になったことがない。建国以来本土が戦場になったのは2度。1941年の真珠湾攻撃と、2001年の9.11である。これはちょうど60年のサイクルである。
・真珠湾攻撃は12月8日 足すと20。「9.11は」9月11日、足すと20。
・日本の60年前は朝鮮戦争があった年。今も朝鮮半島が揺れている。
・オリンピックはちょっと60年周期とはずれたが4年のズレである。


(27)9/3放送分 緊張しない法
http://www.youtube.com/watch?v=BtpKBQd7Op8

・人という字を手のひらに書いて飲むとあがらないと言われるが。。
・手のひらの真ん中には「労宮」というツボがあり、それは鎮心のツボと言われる。
・このツボはしゃっくりにも効く。


(28)9/4放送分 占いでジャンケンに勝つ?
http://www.youtube.com/watch?v=lwzZWVv_aHE

・大石氏、パーで長谷川君のグーに勝つ。
・易を立てたところ「沢地萃」の卦が出た。
・「沢地萃」いろんなものが集まってひとつに集まるという意味なので、五本の指が集まる→相手はグーで来る、と読んだ。






| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年11月 7日 (金)

うらない君とうれない君(7)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(21)8/28放送分 えらい人は占い師に相談するの?
http://www.youtube.com/watch?v=xk7IJsUtKuk

・昔の武将が占い師にお伺いを立てたというのを聞いたのだが、それは本当か?
・昔も今も、トップに立つ人は孤独なものである。誰に相談したらいいのかわからない。そういった中で、利害関係のない占い師に相談した、ということはあり得る話である。頭から盲目的に信じていたかというと、そうでないない人もいるが。
・古来「軍師」と言われる人たちは、そういう意味で占い師的な役割を兼ねていた人も多い。
・足利学校(軍師の養成所)のカリキュラムを見ると、その中に「易」が入っている。
・吉田茂の訪米時に易者を道々させたというエピソードもある。
・佐藤栄作がトランプ占いをしていたというエピソードもある。
・おそらく、トップに立つ人は決断後の「最後の一押し」が欲しいのであろう。
・ただ、そのような「占い師」は決して表には出ない。
・私がそうだ、と出てくるような人は、たいがい「嘘」だと思ってよい。


(22)8/29放送分 橋本聖子さんを占う
http://www.youtube.com/watch?v=rqtRlQcKFEs

・旬な人占いのコーナー。
・8月9月は同じ星が廻り、あまりよくない。
・9月に入っても、ドロドロとした話題を振りまきそうである。
・本来「努力」をする人なのであるが、悪いときにその傾向が出てくると「ひとりよがり」「人の言うことを聞かない」というふうに見られることがある。運の悪い時は人の見方が、悪いように出てくる。
・じたばたせずに、嵐が過ぎ去るのを待つのがよい。
・出て来て釈明などしない方がよい。


(23)8/30放送分 カジノは日本に必要か?
http://www.youtube.com/watch?v=N2afTIWQLJc

・時事のコーナー。
・カジノが儲かるのは勝った人ではなく、胴元、経営者である。
・国が外貨を獲得したいという意図であろうと推測される(だから日本人は立ち入り禁止)。
・日本人でギャンブルやりたい人が外国に行ってお金を落とすよりは、国内で落とすようにした方がいいのではないか。


(24)8/31放送分 答え合わせ
http://www.youtube.com/watch?v=M147o3ctj9w

・世間予報の結果発表
・8月当初の予想した占いについての結果発表。
(1)天候不順
 8月9日10日の台風11号による農林水産業被害額が7億4千万円。
 広島の土砂災害で死者39人、不明51人。
(2)逃走犯が見つかる
 14年間逃走していた犯人がネパールでFBIに捕えられる。
(3)新手の詐欺
 個人情報を削除するという詐欺が急増して最高3千5百万円の被害。

悪い占いは外れた方が世の中的にはよいのだが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

うらない君とうれない君(6)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(17)8/24放送分 占い雑学
http://www.youtube.com/watch?v=h8q52_JzKwA 

・個人を占う占いの他に世の中にも運がある。
・社会の運を見る場合、社会は大きなサイクルで動いているという考え方がある。
・そのサイクルの中に、180年をサイクルとする考え方がある。
・今年を見たければ、180年前を考察してみる。
(ぴったりとではないが、おおよそざっくりと見る。)
・180年前の日本は幕末期であった。
・黒船が襲来して開国を迫り、幕府が大慌て。
・今のTPPで揺れる日本も何か近いものがあるのではなかろうか。
・ぴったりとではないが、180年前の幕末から明治維新、そして。。
という流れを当てはめて考えてみると、また面白い考察ができるのでは?


(18)8/25放送分 改名について
http://www.youtube.com/watch?v=2hWX7os-mwQ

・改名というのは意味があるのか?
・姓名判断という占術がある。
・それは名前を基準に見るので、名前を変えると運勢も変わるのであないか?という仮説が成立する。
・確かに名前と運命は関係しているが、持って生まれた運(生年月日による運)を身体に例えると、名前は洋服のようなものである。
・その洋服を着て似合った人がいたとしても、誰でもがその洋服が似合うとは限らない。
・持って生まれた運(生年月日による運)に合わせて名前を選ばなければならない。


(19)8/26放送分 占い師の収入
http://www.youtube.com/watch?v=yIkxPUCsi4Y

・占い師の主たる収入源は「鑑定」(占うこと)と、教室で教えることである。
・雑誌に原稿を書くこともある。
・元手がかからないように思われているが、開発費(占いを習得するための書籍や情報料、授業料など)が結構かかっている。
・占いには資格もないし、価格に基準があるわけではない。なので占い師の所得には個人差が大きい。
・街頭占い師は、ちゃんとお客さんがついていればサラリーマン程度の月収を稼ぐ人も多い。


(20)8/27放送分 結婚について
http://www.youtube.com/watch?v=ulwLoWOUZBA

・最近結婚した番組スタッフが「結婚は人生の墓場」なのでしょうか?と言っているのだが。。
・いろんな人との相性や受ける影響などなどあるが、占いの観点から言えば、配偶者、結婚相手からの影響が一番大きい。
・自分にとっていい人と結婚すると人生が広がるが、自分の運を押さえる人と結婚すると「結婚は人生の墓場」ということになる。

・確率で言うと、よい人と結婚している人の方が少ない。
・占いで言うところの相性は、愛情があるとか価値観が一致しているとかいうことではなく、自分の運をよくしてくれるかそうでないか、ということである。一般の価値観と必ずしも一致しないところが難しいところである。
・占い的に言えば、愛情と相性は別物である。愛情は自分でわかるので、相性については占い師の判断を仰いでください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

うらない君とうれない君(5)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(13)8/20放送分 テレビでやってる占いってほんとに当たるの?
http://www.youtube.com/watch?v=1tLa0ld3StI

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・テレビや雑誌の占いってほんとに当たるの?という長谷川さんの素朴な疑問。
・同じ局の中で朝の番組と昼の番組で結果が違うことがあるww
・たちえば12星座占いの場合、全人口を12に分けて観るのは無理がある。
・とはいえ、全く嘘かというと、そうとは言い切れないものもある。
・願いが叶うから吉、という見方と、願いが叶うが途中すごく苦労するので「凶」とする見方がある。その背景まで考えると自分の生活に行かせる情報となる。ここで言わんとしていることは何なのか、ということを考えることが大事である。


(14)8/21放送分 12分類は単純ではないのか?
http://www.youtube.com/watch?v=8C77-nRjht4

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・12星座占いとかの場合、全人口を12分割して占うのは無理ではないのか?
・本当は個人ごとに占うのがいいのであるが、雑誌やテレビの場合、紙面や時間が限られているので、そういう形態になってしまう。
・占いというものは「象徴」を読み解く行為である。例えば「火星」という象徴には、「怪我」「スポーツにいい日」「やけどに注意」「美味しいパンが焼ける日」などなどがある。テレビや雑誌の占いの場合、もっとも多くの人が当たるであろうという模範解答を、多くの言葉の中から占い師は選んでいるのである。だから、このメカニズムを知らない普通の人は「怪我」って言ったのに、今日の試合で僕は優勝しちゃったよ、ということもある。
・薬でも、医者で処方される薬は個人ごとにその症状、病状を観たうえでそれぞれ処方される。それに対して一般大衆薬は、おおよそ誰にでもこの程度の薬効はあるだろうということで、ドラッグストアなどで売られている。テレビや雑誌の占いは、例えて言えば「一般大衆薬」のようなものだと理解していただきたい。


(15)8/22放送分 個人を占ってみる
http://www.youtube.com/watch?v=ZVHJxjhbblo

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・山本景氏を占ってくれという依頼。
・易卦を立ててみる(神蓍を使用) → 沢地「萃」
・人間がうじゃうじゃ集まるという卦。
・ものごとが簡単には収束しない卦。
・後から後から当事者じゃない人間が群がってくる。
・9月になっても、まだまだ出てきそう(上卦が9月を表す)。


(16)8/23放送分 大石氏はテレビが好き
http://www.youtube.com/watch?v=Cq2Vyoa9EQ4

・大石氏はテレビが好きでいろんな番組を見る。
・「RUN」で長渕剛演ずるところの易者は、よく易者のことを表現できていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

うらない君とうれない君(4)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきます。


(9)8/16放送分 占いを敬遠する人に
http://www.youtube.com/watch?v=WL0SROyvk3U

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・占いは「信じる信じない」というよりは「使えるか使えないか(当たるか当たらないか)」という観点で捉えた方がよい。
・心理テストは自分が参加してるという感覚があるが、占いはそのようなものがない。そこで、占いの場合でも問占者に参加してもらうようにすると、俄然食いつきがよくなる。
・占い嫌いは食わず嫌いが多い。とりあえず試してみられてはどうか。


(10)8/17放送分 占い師のオンとオフ
http://www.youtube.com/watch?v=zGoxTf--c8k

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・大石氏は仕事を離れると占いのことは考えない。
・大石氏にとって「占い」は道具なので、使おうと思ったときに使う。
・目先の損得のこだわると大局を見失う。なので、日頃細かく占うことはしない。


(11)8/18放送分 最近のニュースから
http://www.youtube.com/watch?v=C1FIwVRB8bk

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・東京中野の「まんだらけ」で高額商品が万引きされ、その犯人の画像を公開するということが話題になった。
・賛否両論あるが。。


(12)8/19放送分 何人くらい観たのか
http://www.youtube.com/watch?v=ZZs02yfDxmQ

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・大石氏は延べ7000人くらいの人を観て来た。
・脱サラして占い師になったのは1993年。占い師人生は23年目である。
・大石氏占い師人生当初の頃の面白い話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

うらない君とうれない君(3)

大石眞行氏のYou Tube番組

「うらない君とうれない君」

続けてご紹介していきたいと思います。


(5)8/12放送分 大事なコンテストに運を呼び込むために

http://www.youtube.com/watch?v=sRRuCjzL-sY

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

長谷川さんが、明日漫才のコンテストに出場。開運法必勝法。
そのためのラッキーアイテムは?

・長谷川さんのラッキーカラーは、生年月日から見て「赤」である。
・だからと言って、全身赤ずくめにするということではない。
(それはかえって効かない。逆になることもある。)
・量の問題ではない。ワンポイントが大事。赤が目立つことが大事。
・占いの原理は多数決とは逆。
・白いスーツで出場しようと思ってるので、ならば、赤いネクタイでも赤いチーフでもよい。でも靴下のような見えないところに使っても効果がない。

・やるべきことはやったか。人事を尽くすことが大事。
(努力0の人には何倍の開運法を掛けても結果は0)


なるほど。。
ラッキーカラーも、使えばいいというものでもないのですね。
ワンポイントが効く。
これは大事なことですね。

(6)8/13放送分 花買いによる開運法
http://www.youtube.com/watch?v=dp5wrC0laVk
(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

これは前々回に紹介させていただきました。

・花屋は近くてもよい。遠いところがよいというわけでもない。極端な話、家の隣の花屋でもよい。
・出発時刻は気にしなくてもよい。出かけていてもよい。指定の1時間以内に、買って持って帰ってくるという行為を終わらせる。
・香りの強い花がよい。
・生花であること。切り花でよい。
・その人の運の弱いところから補強されていく。
・運の悪い人は、見る見るうちに花が枯れる(植物は運のバロメーター)。
・付き合っている人間がよくないと、花が枯れる。
・花が身代わりになってくれる。

(7)8/14放送分 占い師の選び方
http://www.youtube.com/watch?v=YAg9B29ueFs
(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・明らかに自分よりも不幸そうな占い師は選ばない。
(運の悪い占い師は自己矛盾をきたしている。)
・なにもかも否定的なことを言う占い師は選ばない。
(絶対に外れない占いは、なんでも否定する占い。)
・占い師との相性もある。
・相性の見方は疲れるかどうか。
・男女の相性も、デートした後(デート中は楽しかったとしても)帰ってから疲れがどっと出てくるような相手は避けた方がよい。一緒にいて疲れるかどうかが、最も簡単な相性判断法。逆にデート中はそんなに盛り上がらなくても、帰って来てからなにか楽しくて元気になるようなら、その相手との相性はよい。



(8)8/15放送分 長谷川さんのさらなる開運法
http://www.youtube.com/watch?v=O6LTcIf8Q4Q
(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

・長谷川さん 漫才コンテストで一回戦通過。
・赤いハンカチを身につけていたが、見せるようにはできなかった。
(占い的には見せた方がよい)。
・二回戦に向けて、寝る方向を指導。

これは風水の応用ですね。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »