« うらない君とうれない君(1) | トップページ | うらない君とうれない君(3) »

2014年10月31日 (金)

うらない君とうれない君(2)

前の日記にも書きましたが
私の長年の術友、大石眞行氏がYou Tubeで

「うらない君とうれない君」という番組をはじめました。

毎日更新で3〜5分程度の短い番組です。

とてもわかりやすくて面白い番組なのですが
さすが大石眞行氏
その中で「占い」についてとても大事なことを言っています。

占いに興味のある方
占いを勉強している方
占いってなあに?って思ってる方
ぜひとも見ていただきたいと思い
私のブログでも順次紹介させていただくことにしました。



(1)8/8放送分 オープニング
http://www.youtube.com/watch?v=QhEhtnl6Y-A

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

オープニングなので、登場人物の紹介と番組のこれからの番組の方針についての紹介です。大石さんが「まともな占い師です」と自己紹介されているところ、おおいに共感するところです。世の中「まともでない占い師」も多く目にいたします。何が「まとも」で何が「まともでない」と言い出すと、議論が紛糾しますので、まあ、多くは語らないでおきましょう。これからまともな占いの話がいろいろ聞ける。楽しみです。


(2)8/9放送分 番組のタイトルについて
http://www.youtube.com/watch?v=57l58Oh6ZFE

「うらない君とうれない君」という番組のタイトルを占いで決めたという話。
自分の誕生日はその人のラッキーナンバーとなる。ラッキーナンバーは人それぞれ違う、という話。


(3)8/10放送分 彼女は欲しいという長谷川さんに
http://www.youtube.com/watch?v=msXSIm45zPY

(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

女の子の口説き方の作法。手相の応用。相手の人差し指と薬指の長さを比べる。人差し指が長い人は、理屈、理詰めのアプローチが効く。薬指の長い人は、情緒に訴えるアプローチが効く。人差し指も薬指の長さが同じ人は、利害打算ではなく、2人が会ったのは運命だ、というような浮世離れしたアプローチが効く。これは恋愛に関してだけでなく、営業現場の営業テクニックにも使える。という話。


(4)8/11放送分 今月の世界情勢について
http://www.youtube.com/watch?v=Fxey-kFYJ0s  
(ケセバ研究所という番組とセットの放映なので「うらない君とうれない君」は中盤以降、後半の放送です。)

易による占い。神蓍の紹介とその占いの結果。
・天候不順、風水害に注意。
・長く逃げ回っていた犯人が捕まりそうだ。
・新手の詐欺が出てきそう(同情詐欺?)。

|

« うらない君とうれない君(1) | トップページ | うらない君とうれない君(3) »

うらない君とうれない君」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/57841084

この記事へのトラックバック一覧です: うらない君とうれない君(2):

« うらない君とうれない君(1) | トップページ | うらない君とうれない君(3) »