« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月26日 (土)

梅花心易

この前の土曜日、カイロン大阪校で鎗田宗准先生の梅花心易の講座を受講しました。

梅花心易は、若い頃にざざっと勉強したことがあるのですが、概要を学んだだけ。なので、私の卜占は、主には紫微卜占と周易を使っています。

このたび、易学の道奥を極められた鎗田先生が大阪で梅花心易の講義をされるということ。これは行かない手はないぞ、と思い、行ってまいりました。梅花心易を学ぶことで、私の卜占も広がりを得るかもしれない。

で、講座を受講して。。
いやはや、やはり術は達人に習うもんですな。
目から鱗がボロボロと落ちました。

基本的な理論はもとより、初回から鎗田先生が感得した心易のコツというか秘伝を披露してくださいまして、私はひたすら唸るばかり。
こんなに勉強したのは、いつ以来だろう。
この千載一遇の機会を生かしたいと思います。
半年間、この講座が続きます。楽しみです。
鎗田先生、どうぞよろしくお願いします。


講座後、少しく鎗田先生と歓談したのですが、先生も「河洛理数」を世に出したいと思っておられるとのこと。ぜひ出しましょうよ。およばずながら、私ごときでお手伝いできることがあれば何なりとおっしゃってください。この術は、やはりきっちりと落としておく必要があると思うのです。私も、いつかはやろうと思っていました。やりましょう!ぜひ。




さて。。
明日はカイロン福岡校での紫微斗数の講義です。
福岡で本格的に講義するのは初めてです。
どんな方がいらしてくださるのだろう。
楽しみにしております。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

2014 新年度です

エイプリルフールも無事(?w)終わり、新年度になりました。

さて、去年度は占術スクールカイロンさんで、紫微斗数「基礎編」「応用編」を講義させていただき、先月、東京・大阪とも無事終了いたしました。どうもありがとうございます。

通年で受講されたみなさん、お疲れ様でした。ただ応用編は、時間切れのために補講をさせていただいたり、間に合わない資料については後日郵送とさせていただきました。ほんとうに申し訳ありません。ただ、この資料は他にはない独自のもので、紫微斗数命運判断においては、辞書のように使っていただけ、とても便利なものと思っております。現在残りの資料を鋭意作成中です。なんとか今月中にメドをつけたいと思っていますので、いましばし到着をお待ちくださいませ。

また、応用編の前半のテキスト「紫微斗数格局の解説」も、本邦初公開の内容を多く含んだものであると自負しておりますし、その他のコツ(秘伝?)についても、すべてお伝えさせていただきました。どうか皆様でそれぞれの技法を、実際の命盤に当たって検証し、紫微斗数をわがものとされることを願っております。

また、後期(10月)から基礎編を受講されたみなさんは、今月から応用編です。基礎編でも、私独自の「椎羅式運命数値」や、あまり知られていない「紫微卜占」まで、実例をもとに詳しく講義させていただきました。4月からまたご一緒に「応用編」を勉強できることを楽しみにしております。

3月の1dayセミナー「命主星と身主星」では、紫微斗数の謎とされていた命主星と身主星についての、台湾における最新の学説と、占星術の東西伝播の歴史についてお話させていただきました。法隆寺の「星曼荼羅」に黄道十二星座が描かれていたことに、みなさん深い感銘を受けられたようです。このような考察も、術数、占星術を深く研究するためには今後必要になっていく視点ではないかと考え、講義させていただきました。

さて、新年度が始まります。
本年も4月から、東京・大阪のカイロンでは「基礎編」「応用編」をそれぞれ開講し、新たに福岡カイロンでは「基礎編」をスタートいたします。みなさん、本年度も、どうぞよろしくお願いします。

占術スクールカイロンのサイトはこちら
http://www.chiron-school.com/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »