« 春からの紫微斗数 講座案内 | トップページ | 梅花心易 »

2014年4月 4日 (金)

2014 新年度です

エイプリルフールも無事(?w)終わり、新年度になりました。

さて、去年度は占術スクールカイロンさんで、紫微斗数「基礎編」「応用編」を講義させていただき、先月、東京・大阪とも無事終了いたしました。どうもありがとうございます。

通年で受講されたみなさん、お疲れ様でした。ただ応用編は、時間切れのために補講をさせていただいたり、間に合わない資料については後日郵送とさせていただきました。ほんとうに申し訳ありません。ただ、この資料は他にはない独自のもので、紫微斗数命運判断においては、辞書のように使っていただけ、とても便利なものと思っております。現在残りの資料を鋭意作成中です。なんとか今月中にメドをつけたいと思っていますので、いましばし到着をお待ちくださいませ。

また、応用編の前半のテキスト「紫微斗数格局の解説」も、本邦初公開の内容を多く含んだものであると自負しておりますし、その他のコツ(秘伝?)についても、すべてお伝えさせていただきました。どうか皆様でそれぞれの技法を、実際の命盤に当たって検証し、紫微斗数をわがものとされることを願っております。

また、後期(10月)から基礎編を受講されたみなさんは、今月から応用編です。基礎編でも、私独自の「椎羅式運命数値」や、あまり知られていない「紫微卜占」まで、実例をもとに詳しく講義させていただきました。4月からまたご一緒に「応用編」を勉強できることを楽しみにしております。

3月の1dayセミナー「命主星と身主星」では、紫微斗数の謎とされていた命主星と身主星についての、台湾における最新の学説と、占星術の東西伝播の歴史についてお話させていただきました。法隆寺の「星曼荼羅」に黄道十二星座が描かれていたことに、みなさん深い感銘を受けられたようです。このような考察も、術数、占星術を深く研究するためには今後必要になっていく視点ではないかと考え、講義させていただきました。

さて、新年度が始まります。
本年も4月から、東京・大阪のカイロンでは「基礎編」「応用編」をそれぞれ開講し、新たに福岡カイロンでは「基礎編」をスタートいたします。みなさん、本年度も、どうぞよろしくお願いします。

占術スクールカイロンのサイトはこちら
http://www.chiron-school.com/

|

« 春からの紫微斗数 講座案内 | トップページ | 梅花心易 »

紫微斗数」カテゴリの記事

コメント

先日は大阪講座応用編 第一回目お疲れ様でございました。
厚かましくも今回応用編から参加させて頂きました。(大阪弁で言うところのヨコハイリ)
初日から助走無しのいきなりのハイジャンプな内容(しかもわかりやすい!)
正に秘伝・コツが満載の二時間でした。
早速手持ちの資料を検証して、教えて頂いた事を我が物としなければ!
熱心な他の受講生の皆さんに負けないようガンバリマス。
これから半年、よろしくお願い致します。

投稿: Kei | 2014年4月 5日 (土) 15時42分

Kei | さん
ご受講、ありがとうごさいました。
ヨコハイリ大歓迎です(^^

Kei | さんほど紫微斗数を研究されてきた方なら、ハイジャンプも全く問題ないと思います。次回からも濃い内容をお伝えしていきますので、こちらこそ、これからの半年、どうぞよろしくお願いします(^^

投稿: 椎羅 | 2014年4月 5日 (土) 23時55分

椎羅先生
いつも刺激的な講義を有り難うございます。(法隆寺の「星曼荼羅」には大感激でした!)
応用編もはじまりましたが、初回から深く濃い内容で、あっという間の2時間でした。次回が待ち遠しいです。
基礎編がスタートした時点では、十干十二支の知識も曖昧なダメ生徒でしたが、そんな私にもわかりやすく、なおかつ楽しい講義内容でした。占いの技術にとどまらず、歴史や哲学、人間心理、社会情勢との関係等々、毎回拡がりのある学びをさせていただいております。
次回からもどうぞよろしくお願いいたします。

Kei | 様
心強いお仲間に参加していただき嬉しく思っています。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: mayuko | 2014年4月 6日 (日) 11時46分

mayukoさん
コメントありがとうございます(^^

あんな古い時代から、西洋占星術が東洋、そして日本に伝わっていたなんて、刺激的でしょ?

はい。占いを深めるためには、歴史や哲学、人間心理、社会情勢の考察が不可欠です。

いよいよ応用編。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: 椎羅 | 2014年4月 7日 (月) 00時08分

mayuko 様

ゴ挨拶遅れて失礼いたしました。

昨年度からの良い雰囲気を壊さないよう先輩方の後ろを大人しく(?)ついて参ります。
こちらこそ よろしくお願いしますネ。 ^o^

投稿: Kei | 2014年4月16日 (水) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/55645217

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 新年度です:

« 春からの紫微斗数 講座案内 | トップページ | 梅花心易 »