« タイム・ツイン | トップページ | 至福の時(その1) »

2013年10月 7日 (月)

カイロン奈良ツアー(and 下期の講座)

私が今年からお世話になってる占術スクールカイロンさんで、このたび奈良の神社を巡るツアーが企画され、ご案内を頂戴したので行ってまいりました。

本来は10月5日、6日の一泊ツアーなのですが、私ははずせない用事があって、昨日、6日のみ、日帰りでお供させていただきました。

人相学の大家、天道先生が主にご引率され、カイロンではタロットの講師をされているラクシュミー先生もご同行されました。天道先生が高知から生徒さんたちを引き連れて来られ、また東京からも多くの方が参加されていたようです。

5日は皆さんで天河神社にお参りされ、洞川温泉に宿泊されたとのこと。天河神社は昔からそのスジ(?w)の人たちの間では話題に上る場所なので、今回ご一緒できなかったのはちょっと残念です。関西在住なんですが、まだ行ったことないんですよねー。

6日は石上神宮と大神神社をご参拝させていただきました。実は石上神宮もはじめてだったので(もの凄い峻烈で静謐な気の満ちたところだと聞いていたので)少しおっかなびっくりだったのですが、お参りすると、なんだかとても暖かさを感じました。もとより霊感なんかさっぱりの私ですので、鈍くて何も感じなかったのかも知れません。いや、神様が歓迎してくださったのだ、と、よいように解釈しておきましょう(笑)引いた御神籤もいい感じだったし(笑)

大神神社では、以前とある方から「この場所が凄いよ」と教えていただいた2カ所を中心に、ご参拝、ご紹介させていただきました。鈍い私にはどこがどう凄いのかよくわからないのですが、そんな私でも狭井神社の境内に行くと、なんとなくひきしまったような気になりますし、別の、ご神体である三輪山を拝む場所では爽やかな空気が吹き抜けるような感じがします。なので、お水取りではないのですが、ご神水も頂戴してきました。

実は神社仏閣名所旧跡を巡るのが、結構好きだったりするのです。そうしてあちこちを回っていると、鈍感な私でもいい気持ち、爽やかな気持ちになったりするところが多くあります。やはり神祐地におられる神様のご霊徳によるものなのでしょうか。それとも古代の人々は本能的に「いい気の場所」に神社や仏閣を作ったのでしょうか。時間ができたら一度、いい気持ちになる場所が風水的に見てどうなのか、分析してみたいと思っています。

てなことで。。 閑話休題

カイロンでの紫微斗数講座も大阪では先月から、東京では今月から下期がスタートします。大阪の応用編は基礎編に引き続き多くの方に受講いただき、まことにありがとうございます。そこで楊貴妃の命盤を例に解説したら結構受けがよかった(笑)なもんで東京でもネタにしますかww

今週末12日(土)は東京での応用編講座、13日(日)は基礎編講座です。両方とも多くのお申し込みをいただいているようですが、東京教室はキャパがありますので、まだまだ受け付け中です。ご興味のある方はよろしくお願いします。

また今回大阪での基礎編講座は、平日のみとなりました。やはり平日の夜はご都合がつきにくいのでしょうか、少人数でのスタートとなりました。1回目の講義は終わりましたが、基礎の十干十二支と旧暦の解説をしたところなので、2回目からでも十分ついて来れると思います。こちらは人数に余裕がありますので、ご興味のある方はどうぞお申し込みください。




|

« タイム・ツイン | トップページ | 至福の時(その1) »

占術一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/53523680

この記事へのトラックバック一覧です: カイロン奈良ツアー(and 下期の講座):

« タイム・ツイン | トップページ | 至福の時(その1) »