« 上期の講座終了 | トップページ | カイロン奈良ツアー(and 下期の講座) »

2013年9月19日 (木)

タイム・ツイン

ときどき、双子の運命はどう見たらいいのでしょうか?と問われることがある。

およそ双子の生年月日時はほとんど同一なので、紫微斗数の場合同じ命盤となる。一刻(二時間)を単位としている術数、例えば四柱推命でも同じ命式となる。ということは双子の場合全く同じ運命を辿ることになるのだろうか?

双子と言えばザ・ピーナッツの伊藤エミと伊藤ユミ姉妹、そしてこまどり姉妹。ちと古いか。少し時代を下って、リリーズとかリンリン・ランランなんてのもいた。大筋同じような運命を辿ったような、でも微妙に違う人生を送ったような、どうも判然としない。

紫微斗数では双子の命盤を、それぞれを少し違った角度で読む、という技法もあるにはある。また術士や研究者により、いろいろ工夫されていることだと思う。私の場合、同じ生年月日時に生まれたのであるから、同じ命盤で読むのが妥当であろうと思っている。2時間を時の単位とした場合、同じ生年月日時の人は世の中に沢山いる。別に双子でなくとも、同じ命盤や命式を持った人は沢山いるのである。

少し大雑把ではあるが、紫微斗数の場合、命盤は何通り算出されるのか計算してみよう。
紫微斗数命盤作成に必用な条件は、干支と旧暦の月と日、そして十二の刻である。これを単純にかけ算すると、60(干支) × 12(月) × 30(日) × 12(刻) = 259,200

つまり紫微斗数命盤は25万9千2百通りのパターンがあるということになる。これで今の世界の人口約70億人を割ってみると、27,000人あまりとなる。つまり全く同じ命盤を持った人間は世界中で3万人近くいることとなる。この3万人の人は全く同じ運命を歩むのであろうか?

この世の中に2人として同じ人間はいない。それは双子にしても同様であろう。いかに同じ命盤であるからと言って、全く同じ運命を歩むとは言えない。しかしこれからますます増え続ける地球上の総ての人間を固有化し特定するような命術を私は知らない。少なくとも紫微斗数ではそれはできない。ならばここが紫微斗数の限界なのであろうか?

一方、私はまだ双子の鑑定依頼を受けたことがないので何とも言えないのだが、同じような命盤を持った人は、その考え方や性格、行動傾向に似たようなものがあることを、しばしば経験する。また人の運命の特徴や運勢の傾向を見ることは容易であり、かなり的を射た判断ができるのであるが、人生の細部にわたって微に入り細に入り読み取り判断することは、かなり困難であり、時にほとんど不可能なことがある。単純に命盤を読んでいるだけでは、そこが紫微斗数の限界なのであろうと思う。

では、そのような命盤からいかにして詳細なことがらや、例えば双子などの同じ命盤を持つ人の運命の違いを読んでいけばよいのであろうか。ひとつはその人の置かれた環境や状況に対する考察である。たとえば、全く同じ人間であっても、現在の東京に生まれるのか、ニューヨークに生まれるのか、あるいは内戦に苦しむ地域に生まれるのか、それによってずいぶん運命の軌道が代わってくることが予想される。これは極端な例であるが、その人の置かれた状況により、同じ命盤でも微妙にニュアンスを変えて読んで行く。真勢中州の筮前の審事は命占においても有効、というか必須なのである。その人の分限、地位、時、居所、事情、勢い、を明確にすることによって、生きた解読ができるのである。

鮑黎明氏は、こういった同じ命式を持つ者の判断の鍵は「相」であると述べている(鮑黎明著「中国命理学枢要」東洋書院1983 pp.15〜21)。ここで言う「相」を狭義に捉えると、人相手相などの所謂相術ということになるが、広義にはその人についての細かな観察と質問、即ち上記筮前の審事と同じことを言っておられるのだと理解している。

最近、そのような広義の「相」の観察に加え、卜占技法を応用することで、より命占の精度を上げたり、双子のような同じ命盤における運命の差異を読み取ることができるのではないかと考え、目下実験中である。もちろん実際の鑑定の場において、すべて命占だけでこと足りることは少なく、何らかの卜を立てることが多いのであるが、試験に合格するのか、とか彼女の気持ちはどうなのか、といったいわゆる卜占とはまた別に、もっとストレートに卜占技法を使って命盤読解を行えるのではないか、と思っているのである。





|

« 上期の講座終了 | トップページ | カイロン奈良ツアー(and 下期の講座) »

占術一般」カテゴリの記事

コメント

椎羅先生、こんばんは、西脇巴南です。
私も双子の鑑定については常々、どうしたもんだか、と考えあぐんでおりました。
実験の結果もまた是非、ご教示いただければ幸甚に存じます。
さて、私ごとで恐縮ですが、9/11に事もあろうに健康保険証を無くしたのです!!
大阪の椎羅先生のクラスの学友(有生・ゆうきさん)に「今年は干支併臨やから、気をつけてたけど、きたよ、とうとう」と
話すと、「巴南さん、そういうときこそ、紫微斗数で失せ物占いを」とアドバイスがあり
会社員ゆえ、総務にきっとええ年して、何やっとんじゃ?と怒られるし、と自信ないけど占ってみました。
そうすると、紫微に天機がきてまして、え?本の間??と本を片っ端からぱらぱらしていたら!!何と!!
出てきたのです、本の間から!!!紫微斗数、ばんざーーいっ!!!素晴らしいですね、本当に当たるんや~笑
これから、紫微斗数、ちょっと良い感じかもです(いえ、今までも良い感じでしたけど笑) 

投稿: 西脇巴南 | 2013年10月 5日 (土) 21時58分

西脇巴南さん どうもです(^^

実験結果はまだちょっと待ってくださいね。もっともっと実験を重ねて実績をつかまなくては。

いあ、保険証が出て来てよかったですね。
でも紫微斗数、当たるんですってば(笑)

実際に役立ってこその占術。どうか使いまくってください(^^

投稿: 椎羅 | 2013年10月 5日 (土) 23時16分

椎羅先生、再び、西脇巴南です、こんばんは。
お返事ありがとうございました。
すみません、「命宮」に「天機」、の間違いでした。
このように頼りない生徒ですが、引き続き宜しくお願い致します。
あ、それで、「命宮」が「天機」で「最強」でした。
(よほど嬉しかったのだとお笑い下さい)

投稿: 西脇巴南 | 2013年10月 5日 (土) 23時34分

西脇巴南さん(^^

本の間にはさまっていたということなので、福徳が紫微天機だったのかと思いました。

なるほどなるほど。命宮天機ですか。
ま、占いは当たってナンボ。
それで当たるのならそれが西脇巴南さんの読み方なのです。占って、なんかひらめくものがある時は、当たってますよ(^^

ほんと、出てきてよかったですね。
僕も講義の財布亡失占で紹介しましたが、出てきてほんとに「よかったぁ〜」って思いましたもん(^^

投稿: 椎羅 | 2013年10月 6日 (日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/53318000

この記事へのトラックバック一覧です: タイム・ツイン:

« 上期の講座終了 | トップページ | カイロン奈良ツアー(and 下期の講座) »