« 6月の講義終了(カイロン) | トップページ | マルセイユ・タロット »

2013年7月 1日 (月)

今年度下期の講義予定

現在、占術スクール・カイロンで紫微斗数の講義を行っていますが、下期も引き続き講義を行いますのでお知らせいたします。(記事の一部を修正しました。(8月30日 ))

 

■紫微斗数 応用編

東京講座については10月スタートです。
詳細についてはこちらのリンクをご覧ください。
http://www.chiron-school.com/tokyoshibito.html#ouyou

大阪講座 については9月スタートです。
詳細についてはこちらのリンクをご覧ください。
http://www.chiron-school.com/osakashibito.html#ouyou
http://www.chiron-school.com/osakashibito.html#ouyouhe

基礎編同様、大阪講座は日曜4時間の集中講座の他に、平日(水曜日)の夜のコースも開催します。お仕事のご都合に合わせてご選択ください。

また、東京・大阪ともに「応用編」ということで「基礎編」を受講された方を対象にしておりますが、紫微斗数の基礎を理解されていて命盤を作成できる方は、「基礎編」未受講でもご参加いただけますので、どうぞご遠慮なくご参加ください。

 

■紫微斗数 基礎編

現在、東京・大阪で開催していますが、10月以降も全く同じ内容のコースを東京・大阪で開催します。すべて10月のスタートとなります。詳細については以下のリンクをご参照ください。なおテキスト「紫微斗数入門」はこちらのサイトからDLして印刷してお持ちいただいても結構ですが、ご予約いただくと初日にコピーを1,000円で販売します。お入り用の方は講座申し込み時にご予約ください。

東京講座「基礎編」
http://www.chiron-school.com/tokyoshibito.html#kiso2

大阪講座『基礎編」
http://www.chiron-school.com/osakashibito.html#kiso10
(下期の大阪講座『基礎編」は平日コース(木曜日夜)のみとなります)

 

■福岡講座 1dayセミナー「紫微斗数への誘い」

10月26日(土)福岡での1dayセミナーを開催します。
紫微斗数や東洋占まったくの初心者を対象に、主要な14の星だけで、その人の性格や人柄、長所・短所、開運の方向性を読み解く「かんたんセミナー」です。詳細についてはこちらのリンクをご覧ください。
http://www.chiron-school.com/fukuokaone.html#shibione

 

■アドバンス 1dayセミナー

2014年3月で東京と大阪にて、命主星と身主星についての最新学説を紹介するワンデーセミナーを開催します。詳細については以下のリンクをご参照ください。

東京ワンデーセミナー
http://www.chiron-school.com/tokyoshibito.html#one

大阪ワンデーセミナー
http://www.chiron-school.com/osakashibito.html#kiso10
(まだインデックスができてない(^^;; こちらのページをスクロールして次ページをご覧ください。内容については東京ワンデーセミナーと同じです。)

以上、お申し込みについては占術スクールカイロンまで。
http://www.chiron-school.com/index.html

|

« 6月の講義終了(カイロン) | トップページ | マルセイユ・タロット »

紫微斗数」カテゴリの記事

コメント

暑中お見舞い申し上げます

7月は諸事情でお休みしておりますが
暑い中ご講義お疲れ様です
先生はいつも濃色のスーツ姿でお見えになるので
とっても暑そうだなぁ~と思っています

昨日天晶さんに9月からの応用編の申込しました
来月以降もまたよろしくお願いします!

因みに私は暑い夏が大好きです~
暇をみつけてワンコたちとプールか海へ出かけてきます!

投稿: うてな | 2013年7月25日 (木) 03時57分

うてなさん(^^

コメントありがとう。また、毎月受講いただき、ありがとうございます。下期の応用編もお申し込みいただいたとのこと、ありがとうございます。張り切って講義しますので、こちらこそよろしくお願いします。

いちおー夏は夏もののスーツなんですが。。(^^;; でも、この暑さですもんね、クールビズさせてもらってもいいかな?(^^

ほんとにプールか海に飛び込みたい暑さですね。ワンちゃんと一緒にプールや海に?いいなあ(^^

投稿: 椎羅 | 2013年7月25日 (木) 12時33分

 はじめまして。
 封神演義を調べていて見つけて読ませていただいたのですが、「紫微斗数と封神演義」について、講談社文庫の安能氏の『封神演義』は翻訳ではなく小説なので、それに基づいて比較して意味があるのかなあ…と思いました。
 変なコメントでごめんなさい。


投稿: | 2013年7月31日 (水) 02時00分

コメントありがとうございます(^^

この小論は、紫微斗数の星曜の象意を把握するときに、物語やファンタジーのキャラクターになぞらえて覚えると、その星曜の意味がイキイキと把握でき、記憶しやすいのではないか?と思ってまとめたものです。たとえば他にも、拙ブログには「紫微斗数とサイボーグ009」や「紫微斗数と水戸黄門」などの記事を書いております。

したがって、紫微斗数の成立と封神演義との関係性を云々するものではありません。むしろ、巷間に流布する「紫微斗数の成立に封神演義が関与している」という説に疑問を呈することも、この小論を書いた目的のひとつでもあります。

このような、物語のキャラクターと紫微斗数の星曜とのアナロジーを行うことが、星曜の象意把握の一助となれば幸いです。

投稿: 椎羅 | 2013年7月31日 (水) 11時54分

椎羅 先生

  紫微斗数基礎講座、お疲れさまでした。
  楽しい講座でした。
  先ほど応用編の講座申し込み致しました。
  応用編もよろしくお願いいたします。

  基礎編の最終講義、紫微斗数卜占、興味深かったです。
  椎羅先生の、カイロンの仕事を受けるか、受けないの占いも・・・

  そこで、本日ニュースでみた女子高生行方不明事件を占ってみました。

  「中川沙弥香さんの安否、見つかるかどうか」
  卦を立てたのは2013年8月7日18時51分

  失踪占
  命宮       最弱
  財宮       最強  
  疾宮       平
  遷宮(用神)  最弱 
  奴宮       強
  官宮       弱
  田宮       最弱
  福宮       最強

 この結果からは、残念ながら見つからない、となりました。
 財宮が最強なので、身代金目的の誘拐ではない。
 疾宮が平なので、病気、事故の可能性は薄い。
 遷移宮が最弱で、廉貞、貪狼、天エツ、そして化忌です、とても嫌な感じがします。
 奴宮に太陰・・・女性が絡んでいる?
 官宮が弱、天府、天魁、天刑、事件なら犯人は捕まらない
 田宮は最弱、この失踪者が家族や社会に与える影響は、望まない事、失望、悲しみ
 
 ただ、分からないのは福徳宮の最強です。紫微、破軍、文曲、文昌・・・
 この読み解き方が分かりません

 先生でしたら、この結果をどのように読み解きますか?
 福徳宮はこの失踪者が戻らなかった場合の、
 現在と将来の生活、ですよね

 もしくは、その他の宮からの判断では厳しい結果なので
 福徳宮はこの場合は読まない、でしょうか?

 お時間のある時で結構ですので、
 教えて頂ければ幸いです。

 

投稿: 尋子 | 2013年8月 7日 (水) 23時45分

尋子さん
コメントありがとうございます(^^

基礎編の受講、お疲れ様でした。また応用編も受講いただけるとのこと、ありがとうございます。またご一緒に紫微斗数の研究を深めてまいりましょう。

カイロンさんの事例は、講義でもお話ししたとおり素晴らしい盤の状況でしたので、ご縁を頂戴したところ、このように素晴らしい受講生の方々が多く見えられ、僕も大変楽しく充実した講義を行うことができました。的占ですね(^^

さて、お問い合わせの件ですが、僕は先ほど大阪講座から帰ってきてシャワーを浴びたところで、まだそのニュースを見ていません(^^;; 筮前の審事を行う前に詳細を検討するのは不適当なので、簡単にコメントします。

尋子さんの時刻を採用すると、おっしゃるとおり、まず見つからないでしょう。嫌な予感もいたします。ただ、この時刻は時差を考慮した時刻でしょうか?もしも尋子さんが東京で時差を考慮せずにこの盤を出されたとすると、微妙に戌刻となる可能性があります。戌刻の盤だと見つかる可能性が高いのです。その意味で、時差テスターとなりうる事例だと思います。

ただ、現在進行形の事件の検討を公開のネットで扱うのは、関係者のお気持ちを察すると、いかがなものか、という気もいたします。応用編の講座も受講いただけるということですので、「尋子さんの「この盤での」読みはいいセン行ってると思います」とだけコメントさせていただいて、詳細解説は応用編の講座の冒頭でさせていただくことといたしましょう。申し訳ありませんが、どうかご理解くださいませ。

また、歴史的事実となった過去の出来事や、オープンにして差し支えのない尋子さんの個人的な事例検討などは問題ないと思いますので、よろしければアップください。力の及ぶ限りコメントさせていただきます(^^

投稿: 椎羅 | 2013年8月 8日 (木) 02時18分

椎羅 先生

 おはようございます。
 昨夜はお忙しいところ、またお疲れのところ早速のお返事をありがとうございました。

 教室という閉じられた場所でもなく、またメールが先生のHPに表示され不特定多数の方の目に触れるものだという意識があまり に薄く、今回の件の関係者の方のお気持ちも考えずにメールをしました事、恥じております、申し訳ございませんでした。
 先生のご指摘の通り、時差を考慮せずに盤を出しました。時差を考慮すると、今回の件は「無事解決」となります。
 今更ではありますが、無事に見つかる事をお祈りいたしますとともに、当事者、関係者の皆様に重ねてお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

 

 謝罪のメールで失礼ではありますが、質問があります。
 紫微卜占の場合、時差は占う場所(盤を出す場所)の時差でしょうか?

 例えば、私がハンドバッグを北海道で失くし、その占いを東京で行う場合、東京の時差でしょうか?北海道の時差でしょうか?
 お返事はいつでも結構です。宜しくお願い致します。
 

投稿: 尋子 | 2013年8月 8日 (木) 10時16分

尋子さん おはようございます(^^

ご丁寧に恐縮です。ご理解いただき、ありがとうございます。

ご質問の件ですが、僕は紫微卜占では、占う人と場所を起点に取りますので、「東京」で北海道の失せ物を占う場合は東京での時差を見ます。ただこれは僕のやり方なので、人によっていろいろなやり方(時差を一切考えない、というやり方も含めて)があると思います。尋子さんも、いろいろ試して自分に合うやり方を見つけてください(^^

投稿: 椎羅 | 2013年8月 8日 (木) 11時19分

椎羅 先生

早速のお返事、ありがとうございます
日々、様々な事象を占うのがよい、とは言われていますが、なかなか忙しい、を理由に怠けております

やはり、先生に一歩でも近づくためには日々の研鑽、試行錯誤ですね
続けて参りたいと思います

今後ともご指導のほど、よろしくお願い致します。

投稿: 尋子 | 2013年8月 8日 (木) 12時44分

尋子さん(^^

そう。占いは術なので、スポーツや楽器の練習と同じく、日々研鑽の試行錯誤です。

こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: 椎羅 | 2013年8月 8日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/52265056

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度下期の講義予定:

« 6月の講義終了(カイロン) | トップページ | マルセイユ・タロット »