« 10月から福岡でも講義します(一部修正あり) | トップページ | 6月の講義終了(カイロン) »

2013年6月29日 (土)

今朝方見た夢の話

今朝方妙な、というか面白い夢を見ました。

夢の中で、私は術友たちと大きな書店か、百貨店の書籍コーナーのようなところで本を探しています。とある一画に占術関係の、とてもディープな古書が並べてあったので、みんなで物色することになりました。

(夢の中の話ですね。実際には占術専門書店に行かなければ、大きな書店でも百貨店でも、そのようなマニアックな書籍は扱っていません(笑)。)

私は一冊の古書を手に取りました。それは銭天牛氏が書いた占い全般を扱った本で、その中に、ある日の吉凶、その日はどんな日になるかを見る方法として、西暦の年月日を易卦に変換して見るやり方が書かれていました。(あくまで夢の中の話です。銭天牛氏は実際にはそんな占い方の本は書いていません(笑)。)なるほどなあ、確かに年月日を陰陽に変換できれば易卦に変換できるよなあ、と思ってその古本の値段を見ると、1,390円と書いてありました。おおこれは安い!絶対買いだ、とその本を手にしてカウンターに向かいました。

という夢だったのですが、夢から覚めてうつらうつら、ぼんやり頭で、西暦で4桁、月で1桁、日で1桁取ればなるほど6爻揃うよなあ。で、どうやって陰陽に分けるか。やっぱ奇数と偶数だよなあ。でもゼロはどうすんだ。偶数でも奇数でもないよなあ。その日の年月日から立卦するなんて梅花心易みたいだよな。ああでもその日の運勢だから、むしろ河洛理数に近いかなあ。などと考えながら少しずつ目が覚めていきました。

少し目が覚めてきて、これはなかなか面白いぞ。うまく生年月日時を易卦に変換できれば、ニュー河洛理数ができるんじゃね?ああでも西暦の左から一桁づつ取って行くと、外卦の小成卦はほとんどみな同じになるやん。やっぱだめじゃん。というところで完全に目が覚めました。

で、朝食後友人たちのブログを巡回していると、なんと、大石眞行氏と鎗田宗准氏が、それぞれご自身のブログに「立卦法」について書いているじゃありませんか!ううむなんという暗合。私がお二人のブログを読んだあと、こんな夢を見たのなら、読んだ記憶によって夢を見たと言えるのですが、こんな妙な夢を見た直後に術友の「立卦法」の書き込みを読むというのは、私にとってはとても「意味のある偶然の一致」です。

で、大石氏は「梅花心易の立卦は、三霊十応と言って、心に響くものであれば何でもOK」、鎗田氏は「梅花心易をやる人が10人いて「これは当たる!」と確信をもっていれば、その十個の方法はすべてその人にあっているのです。」と書いておられ、まさにお二人とも同じことを述べているわけで、私も激しく同意なのです。私が今朝見た夢も、まるでそのことを言っているようでした。

紫微斗数も四柱推命も(西洋占星術も)、その人が生まれた年月日時をトリガーとして立卦しているのです。生まれた「時」に秘密があってその人の命運が決定しているわけではありません。その人の命運を決定しているのは別のところにあって、命占はひとつの立卦法として生年月日時を使って象を得、そしてその象を読みその人の命運を推し量っているのです。

ということで。。
ニュー河洛理数、なんか作れないかな(笑)

|

« 10月から福岡でも講義します(一部修正あり) | トップページ | 6月の講義終了(カイロン) »

占術一般」カテゴリの記事

コメント

昔昔、ソフトウェアの会社というと「下着の会社?」などと言われた頃の事(やだなぁ~歳がばれるなぁ~)プログラマーとして働いていました。COBOLやFORTRANなんていう言語を使ってました。まだフロッピーが出始めた頃で、それほど普及していなかった為カードにパンチャーが穴をあけて、なんて位昔のお話です。
男女雇用機会均等法もなく、女子はどんなに遅くても一旦帰宅はしなくてはならない、そんな時代でした。
納期は厳守!!でもプログラムは動かない(@@;)
そんな状況で夢をみました。夢の中でデバッグをしているのです。朝方目が覚めて「あっ!!あそこだ!!」
慌てて出勤してデバッグ!!なんと動くのですね~~、まるで夢のようなお話。(^^)
そんな夢をみるのは、頭が常に仕事の、そのプログラムの事を考えている、と言う事。

椎羅先生は常に占いの事で頭をフル回転させていらっしゃるのですね。
私はまだまだ、占いの夢を見た事がありません。ダメですね~~
占いの夢を見るほどに勉強しなくては、ですね。

因みに、今はまるでプログラミングなんてできません。仕事を離れる頃ようやくC言語がでてきましたが、C言語をものにする前に、めでたく寿退社いたしましたので、残念ながら運勢グラフを簡単にプログラミングで・・・と言われましても(誰も私にそのような期待を抱かないとは思いますが)、ご希望を叶える事ができません、悪しからずm(__)m

なら、プログラマーだったなんて言うなよ~、役立たず~~と、責められる夢を見ないように、寝ます。(^^;)

投稿: 尋子 | 2013年7月 2日 (火) 23時40分

尋子さん(^^

僕も、パソコン?それってパーソナルコンプレックス?
ロリコン?え?ロリータコンピューター??
と言われてた時代の男ですからww

でも夢の中でデバッグしてて、それが実際に動くなんて凄いですね。それだけお仕事に集中されてたんですね。

僕も昔、システム担当なぞをやらされて、COBOLでコーディングしていましたが、もう完全に昔の人で、今のITの進化にはついて行くのが精一杯です。携帯もいまだにガラケーですから(笑)だから誰か羅式運勢グラフ、プログラムしてくれないかなあw

あ、でも金融系はいまだにCOBOLのプログラムが現役だそうで、コボラーは重宝されるそうですよ。どうです、トライされてみては?(^^

てなことで、どうか今宵もよい夢を。
おやすみなさい(^^

投稿: 椎羅 | 2013年7月 3日 (水) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/52232057

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝方見た夢の話:

« 10月から福岡でも講義します(一部修正あり) | トップページ | 6月の講義終了(カイロン) »