« 5月の講義終了 | トップページ | ある日の娘2号との会話 »

2013年5月27日 (月)

心理占星術と紫微斗数

昨日、タロット・数秘術などの権威である伊泉龍一氏と、新進気鋭の心理占星術の研究家Nico女史との知己を得ることができ、夕食を供にしてきました。機会を設けていただいたカイロンの天晶さん、ありがとうございます。

それぞれ畏れ多い本格的な研究者の方で、実はいささか戦々恐々とした気持ちで赴いたのですが、ご両名ともすごく気さくな方で、たちまちそのお人柄、ご人徳に魅了されてしまいました(^^

伊泉氏とは共通の知人がいるということもあり、少しく昔話などで盛り上がり、また、著述のために数年間籠り切りのような状態になるとか、それでいて全国を股にかけて講演、講義を行っているとかのお話を伺い、たいへん刺激を頂戴しました。ううむ、僕も頑張らなくちゃ!(^^

Nico女史は、僕がユング心理学に興味があることを「占い夜話」で聞いていただいたとのことで、少しく心理学の話をさせていただきました。ただ、列車の時間の都合もおありで、ゆっくりお話できなかったのが少し残念です。次の機会にはじっくりとユング心理学の話や心理占星術の話をお話したいですね。でもnico女史も紫微斗数を勉強したことがおありだったとは!紫微斗数も、ぜひとも深く研究されることを期待したいです。

僕はもともとユングフリークで(こちらのブログや、あちらこちらでそんなことを書いたり話したりしていますが)、そのせいか最近心理占星術に興味を持ちはじめ、今回はまたとない機会と思ったのです。

僕は心理占星術については、まだこれから勉強をはじめようという状態なので、今から書く事に勘違いやおかしなところがあるかも知れません。心理占星術サイドからは「???」なところもあるかも知れませんが、まあ、なまあたたかく見逃してください(笑)

紫微斗数のことなのですが、最近自分でも、かなり紫微斗数を心理占星術的に見ているなあ、と思うことがあります。もともと僕は紫微斗数の命盤は、その人の「マンダラ・シンボル」であると思っています。詳しく話せば長くなりますので、かいつまんで申しますと、スイスの分析心理学者ユングは、人間の心の中心(ユング心理学ではSelpst(自己)と言いますが)が表象されるときに、円や十字を伴った図形で表現されることが多いことに気づき、それを「マンダラ」と呼びました。仏教(やバラモンの)「曼荼羅」からその着想を得、そう名付けたのです。

ユング心理学でのマンダラは人間の心の中心(全体性)を表す表象としての象徴(シンボル)なのですが、僕には紫微斗数の命盤は、その人全体、その人の総てを表す地図であるように思えるのです。その人のどこをどう押せば、何がどう飛び出してくるのか。どちらの方向に飛び出すのか。そんなことが見てとれます。つまり、その人のどういった資質を使えばいいのか(逆に使い損なうとどうなるのか)、どういった分野や方面で活動すればいいのか、いつごろ頑張ればいいのか(あるいは耐えなくてはいけないのか)、そんなことが書かれている「地図」なのです。それをもって自分の人生を創造していくことが、紫微斗数の星を活かすということだと思うのです。今年の自分の講座は、そんなことに力点を置いて進めています。

若い頃、紫微斗数の命盤と七政四余の星図を合わせて、自分だけのマンダラ・シンボルを描きたいと思ったことがありますが、何のことはない、紫微斗数命盤そのものがマンダラだったのです。


伊泉龍一氏のサイトはこちらhttp://unmeinosekai.com/
Nico氏のブログはこちらhttp://nicosmic21.blog.fc2.com/

|

« 5月の講義終了 | トップページ | ある日の娘2号との会話 »

紫微斗数」カテゴリの記事

コメント

わたくしの師匠の伊泉先生と食事ですか!おまけにnico先生まで!?なんて豪華なメンバーでしょう。羨ましい・・・

残念ながらnico先生の心理占星術は都合が合わず受講した事が無いのですが、また椎羅先生の講座でチラッと出てくるのかしら??楽しみにしています。

紫微斗数は先日の命宮と身宮の関係を聴いて、妙に納得し、面白いな。。。と改めて思いました。正しい方向にパワーを発揮できるよう心がけていきたいものです。


投稿: 千里@貪狼です | 2013年5月28日 (火) 07時18分

千里@貪狼です さん。コメントありがとうございます(^^
豪華メンバーでしたw

僕の講義では、心理占星術は出て来ないのですが(笑)、正しい方向を定めて、思う存分パワーを発揮してください(^^

投稿: 椎羅 | 2013年5月28日 (火) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/51798745

この記事へのトラックバック一覧です: 心理占星術と紫微斗数:

« 5月の講義終了 | トップページ | ある日の娘2号との会話 »