« 気血色/天道先生 | トップページ | 紫微斗数講座を開講します »

2012年12月15日 (土)

聖天宮の御神籤

先月晩秋の一日、友人数名と聖天宮にお参りしてきました。
聖天宮については、以前にも書いたとおりですし、その道教寺院独特の御神籤の引き方についても、そのときにご紹介しました。で、今回もまた同じような作法をもって御神籤を引いたのですが。。

げ!大凶。
だめじゃん(;_;)

121214_233433_4
まだまだ勉強が足りん。
もっと真剣に勉強せいよ、と道教の神様に言われてるのかしらん。

てな話はさておいて
同行した友人の北斗柄氏が
「これってひょっとしたら易経の番号じゃない?」
と言うので調べてみました。

23番は易経で数えてみると「山地剥」
ううむ確かに大凶でわあるわな。

ただ、この御神籤の文言は「身を削る思いの様 ガノヒニオモムクガゴトシ <故事>娥が火に身を投じて死ぬようなものである。欲をむさぼって身を滅ぼすことのたとえ。(古今事文類集)」とあります。易の卦辞とは少し違いますね。でもひょっとしたら道教門派独特の易の解釈なのかも知れません。

過去にこちらで引いた御神籤を見てみると。。

第61首 中吉 情の厚い様
易の61番目は「風沢中孚」

第56首 小凶 一人旅路の様
易の56番目は「火山旅」

第11首 中吉 おおらかでゆったりしている様
易の11番目は「地天泰」

なんかそれっぽい!
めちゃめちゃそれっぽい。

そうか聖天宮の御神籤は易だったのか。

で、御神籤の裏面には詳しくカテゴリー別の運勢が書いてあるのですが、そのカテゴリーは
遷移・旅路
財福・勝負
父母・病気
恋愛・仕事
兄弟・友人
子女・邸宅

121214_233750_2
これって、紫微斗数の12宮の対宮の組み合わせ
命宮・遷移
財帛・福徳
父母・疾厄
夫妻・官禄
兄弟・奴僕
子女・田宅

に、そのまま対応してるじゃん。

そうか道教寺院の御神籤は易と紫微斗数だったのか!ww


|

« 気血色/天道先生 | トップページ | 紫微斗数講座を開講します »

占術一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/48327721

この記事へのトラックバック一覧です: 聖天宮の御神籤:

« 気血色/天道先生 | トップページ | 紫微斗数講座を開講します »