« 星を生きる(1) 「自分を知る」 | トップページ | 旧交 »

2011年5月 8日 (日)

星を生きる(2) 「自己実現」

一時、自己啓発関係の書籍にはやたら「自己実現」という言葉が使われていたことがります。ですのでこのような言葉を持ち出すと、何か面映いものを感じてしまいますが (^^;; また、学派や研究者によっても微妙に意味や捉え方が異なるところもあります。しかしユングフリークの私としては、ユングが言った「自己実現」には、やはり拘ってしまいます。

ユング心理学で言う自己実現とは、まさにself realizationすなわち、自己(self,Selpst)をリアルにすることです。(ここで言う「自己」とはユングの元型概念の「自己(self,Selpst)」です。)またユングはそれを「個性化(Individualization)」と呼んでいました。in-dividualつまり自分がこれ以上分ちがたきものになり、それと向き合うこと。

こう書くと、ユングに馴染みのない方には、よくおわかりいただけないかも知れませんね(^^; まあ平たく言えば、「自分が自分になること。それぞれの人が各々自分らしく生きること。それが人生の究極の目標なのだと。」というふうに私は理解しています。

人生いろいろありますが、自分が本当に自分らしく生きるということ、それが人にとって最高の幸福なのではないでしょうか?
自分を偽って生きることほど不幸なことはありません。

この世に2人として同じ人はいません。
人、それぞれ持ち味があります。
その持ち味を生かし、あなたでもない、彼でもない
自分が自分の人生を生きる。

それが幸せなのではないでしょうか?

臨済禅師の言葉に「随所に主となれば立処皆真なり。」というものがあります。

「いつどこにあっても、如何なる場合でも何ものにも束縛されず、本当の自分、あるがままの自分として行動し生きていくならば、何ごとにおいても、いつ如何なるところにおいても、真実を把握できる。」という意味なのだそうです。

本当の自分であることができれば、何者にも翻弄されず、その場になりきって余念なく、それがそのまま悟りの境地なのである。

ということでしょうか。

なかなか我々凡夫は、このような禅の高僧の悟りの境地にはとても至りませんが、私なりに、前項に書いた「星を生きる」ということは、このようなことではないかと思うのです。

私事を述べて恐縮ですが、私の前半生は、自分の紫微斗数命盤の示すところに、いささか逆らって生きてきたようです。その点では、なかなかにしんどい人生でした。

半世紀を生き、あるとき開き直って、命盤の星の象意どおりに、ということは即ち、自分らしく生きてみようと思ったのです。

思った瞬間から歯車が回り出しました。
どうも自分らしく生きる者に、運命は強く後押しするようです。

ぱたぱたぱた、と僕の話を聞きたいという人たちが現れ、自分でも忘れ去っていた、十数年前に書いたテキストを復刻し、講習会も6期を数えるほどになりました。ささやかですがこのようにブログも開設し、また得難いご縁をいただき、貴重な資料や、普通では得ることのできない秘伝書も、自然に集まってきました。

星に従って生きるようにしたとたん、運命が回り出したのです。

30年前の私に今の紫微斗数の知見があったのなら、ずいぶんと違う人生を送っていたんだろうな、と思います(笑)

「星を生きる」ということ。
自分が自分であること。
他ならぬ、この世に2人といない自分が自分らしく自分であること。
自分としてこの世界に存在するだけでいいこと。
それが幸せなんだということ。
それがユングの言う「個性化」であり「自己実現」なんだと、私はそう解釈しています。

それらのことを紫微斗数の命盤は指し示してくれます。
もちろん、ひととおりの読み方では、その人の特色と性格しか読めませんが、多重に、多層的に命盤を読むことで、そこのところがわかってきます。

|

« 星を生きる(1) 「自分を知る」 | トップページ | 旧交 »

占術一般」カテゴリの記事

コメント

生きるは、命を生かすこと、与えられた運命を生かし命をまっとうすること、かなと思います。私はどんな花を咲かせるのか、みつけるために試行錯誤するのも、、今の時間もおきていることも、神様に与えられてる定めな気がします。東京講座はいつですか?

投稿: 彩花 | 2011年5月 8日 (日) 23時53分

彩花さん(^^

彩花さんはどんな花を咲かせるのでしょう?
どうか彩花さんの花を見つけて、綺麗に咲かせてくださいね。

メアドが書いてないのでどの彩花さんかわかりませんが
もしかして大濱彩花さんかな?
ならば、次の東京講座は、受講生の皆さんの反応が見えないので
今はちょっとペンディング状態です。


投稿: 椎羅 | 2011年5月 9日 (月) 00時23分

はじめまして。
紫微斗数に興味を持ち、椎羅先生のブログに辿りつきました。

すごく奥が深い占術のようで素人の私に難しいかもしれませんが。
東京でも先生の講習会が開催されていたりするようですが、参加は可能でしょうか。

投稿: かぶ | 2011年8月23日 (火) 15時05分

かぶさん はじめまして
コメントどうもありがとうございます(^^

紫微斗数は、初心者でもわかりやすく
学ぶにつれ、さらに深みが増すという
間口が広く奥の深い、すばらしい占術です。

講習会のご参加は大歓迎なのですが、
小生関西在住なもので、今のところ東京での講習会は不定期なのです。
開催するときには、かぶさんのメアド宛にご案内を差し上げますので、どうぞよろしくお願いします。

投稿: 椎羅 | 2011年8月23日 (火) 23時57分

椎羅様

東京での講習会があれば、ぜひ参加させていただきたいと思いますので、お誘いください。

まだまだ素人ですが、紫微斗数はすごく面白いですね。

それでは、よろしくお願いいたします。

投稿: かぶ | 2011年8月24日 (水) 11時00分

かぶさん
了解しました。

また東京で講習会を開催するおりは
ご案内を送らせていただきますので
どうぞよろしくお願いします。

投稿: 椎羅 | 2011年8月24日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/39915993

この記事へのトラックバック一覧です: 星を生きる(2) 「自己実現」:

« 星を生きる(1) 「自分を知る」 | トップページ | 旧交 »