« 【東日本大震災(3)】復興に向けて(卜占) | トップページ | 星を生きる(1) 「自分を知る」 »

2011年4月11日 (月)

【東日本大震災(4)】大震災を機に日本は?(卜占)

ということで紫微卜占
占的:この大震災を機に日本はどのような国になるのか?
占機:2011.3.20 酉刻

命宮(午) 最強(14.8) 火星(廟) 天魁 天喜
兄弟(巳) 強(10.2) 紫微(旺) 七殺(平) 左輔 天馬
夫妻(辰) 平(8.2) 天機(利) 天梁(廟) 天耗
子女(卯) 最弱(10.7) 貪狼(廟) 天耗
財帛(寅) 最強(13.1) 太陽(旺) 巨門(廟) 天鉞 天空 天姚 化禄 化権
疾厄(丑) 最強(16.9) 武曲(廟) 貪狼(廟) 文曲(廟) 文昌(廟) 化科 化忌
遷移(子) 最強(12.5) 天同(旺) 太陰(廟) 紅鸞 【身宮】
奴僕(亥) 弱(4.5) 天府(地)
官禄(戌) 強(10.7) 敬羊(廟) 天刑
田宅(酉) 弱(4.3) 廉貞(平) 破軍(陥) 禄存(廟) 右弼
福徳(申) 弱(5.8) 陀羅(陥) 地劫
父母(未) 平(8.6) 鈴星

命宮が無正曜で、対宮が天同(旺)太陰(廟)紅鸞
今までとぜんぜん違う、とても穏やかで優しい国になるようである。
ここ十数年、我が国の経済成長は停滞しているようだが、それまでは、あの大戦の焼け野原から奇跡の復興を遂げ、世界第2位の経済大国となった。それを表現すると「武曲」であろう。それが「天同・太陰」となるのである。

思えば明治維新以降、富国強兵・殖産興業のスローガンの下、欧米列強に追いつけ追い越せと奮闘努力、アジア諸国の中ではいち早く近代化をなしとげた。それを表現すれば「廉貞」であり「七殺」であり「天梁」であり「武曲」であったのであろう。

追いつけ追い越せ、それはまさに競争社会。戦後もその精神は継続した。受験戦争にはじまって、社会に出てからも競争の連続、息つく閑もない。高度経済成長時代「モーレツ社員」なる言葉も流行った。そう、この国の男たちは家庭も顧みず、趣味も顧みず、ただただ「モーレツ」に働いたのである。そしてここ十数年は実績主義。どれだけの成果を上げたかで評価される。ある意味当然なことなのではあるが、それに適応できない者たちは落ちこぼれ、ついに自殺者は年間3万人を超え、引きこもりを産み出した。

そこから大きく変わるようである。
一言で言えば「経済大国」から「文化国家」への変貌。

ある意味、「物質文明」から「精神文明」への変化とも言える。ただ、この台詞を耳にしてもうすでに久しい。高度成長を遂げたあたりから、そのフレーズが言われ始めたようだ。戦後、物質的には満ち足りたが、精神的には枯渇してしまった。今後は精神的な豊かさが追求されるだろう、と。すでに70年代に「ゆっくり行こうよ俺たちは」というコピーも現れた。しかし現実はなかなかそうはいかず、経済的合理性を最優先とする競争社会は継続した。

それが変わるようである。
経済国家から文化国家へ。
具体的にはどのようになるのであろうか?
今、世界で話題にされる日本の文化はクールジャパンでありアニメ文化である。その傾向も継続するであろう。我が国は千年以上の歴史を持ち、独特の文化を持っている。そもそもこの国は貧しい国であった。貧しい国ながら、礼儀正しく慈しみ深く謙虚であることが美徳とされた。紙切れ一枚と筆があれば、そこに三十一文字であらゆる心の機微、さらには世界の森羅万象までも表現する文化を持っていた。(だからと言って、和歌や短歌が国際的に流行するということを言っているのではない。あくまで、そういう気味あいであるという喩えである。)

江戸以前の昔、大切とされていたことが大切とされる国になるのではなかろうか。江戸をはるかに遡り平安までと言ってもいい。神仏を敬い、隣人に優しく、慎み深く、謙虚さを重んずる。天同・太陰は、まさに平安貴族そのものだ。だからと言って、江戸や平安に復古すると言っているのではない。そのような心性・文化を大切にする国になるだろうということだ。

天同は「平和・協調・共同・社交・快活・ユーモア」の星である。
太陰は「精神文化・芸術・哲学・文学・母性・女性」の星である。
もともと日本は母性社会な国であるのだが、それがさらに強調される。女性がとても元気になり、女性的な文化が花開くのかも知れない。また太陰は「ロマンチック・神秘」を表す星でもある。我々占い師にも少しは日の当たる社会になるかも知れない(呵々)。

ということで、この占的では命宮中心に読むべきであり、他の宮はあまり重視すべきではないのだが、少しそれらを参考に連想とイメージを広げてみる。

まず、命宮とその三方四正が良好なので、大丈夫。この国はまだまだ繁栄する。遷移宮が身宮に該当し、良好なので、これから真の国際化が進展するだろう。ひょっとしたら移民を受け入れるようになるかも知れない。

財帛宮も良好なので、経済的にも大丈夫。この大震災の被害からも立ち直り、一定の繁栄を続けるだろう。ただ命宮干から飛星させた化忌が財帛宮の太陽に飛ぶので、今までのような勢いはなくなるかも知れない。

子女宮の宮威がとても弱いので、少子化は歯止めがかからず、少子高齢化社会の傾向はますます進展するであろう。草食系がはびこりユニセックス化するか?とも見られるが、天相は落陥を恐れないので、そこまでのことはないだろう。命宮に天同太陰さらに天喜紅鸞の配合があるので、老いも若きも恋の花は多く咲くようである。まさに江戸文化平安文化?

田宅の状態もあまり良くないので、もはや土地が投機に対象となることはないだろう。

いずれにせよ、この国の文化、我々のライフスタイルは大きく変化するようである。

念のため、周易でも卦を立ててみた。
占的:この大震災を機に日本はどのような国になるのか?
得卦:地天泰 五爻変

やはり、とても穏やかな国になるようである。

|

« 【東日本大震災(3)】復興に向けて(卜占) | トップページ | 星を生きる(1) 「自分を知る」 »

紫微斗数」カテゴリの記事

コメント

3月20日 酉 で、命盤を出すのは何故ですか?教えて下さい

投稿: おっくん | 2011年5月23日 (月) 09時13分

おっくんさん コメントありがとうございます(^^

ここで紹介した盤は、最初に書いてありますように紫微卜占盤です。
紫微卜占では、占おうと思った時(占機)の日付時刻をもって盤を作成し、それで占います。

投稿: 椎羅 | 2011年5月24日 (火) 01時10分

と言う事は、その人次第で、盤が変わると言う事になるのでしょうか?

投稿: おっくん | 2011年5月24日 (火) 01時59分

そのとおりです。

投稿: 椎羅 | 2011年5月24日 (火) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282267/39565392

この記事へのトラックバック一覧です: 【東日本大震災(4)】大震災を機に日本は?(卜占):

« 【東日本大震災(3)】復興に向けて(卜占) | トップページ | 星を生きる(1) 「自分を知る」 »