« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年5月

2010年5月 9日 (日)

占いは方程式ではないということ【占い上達法】

こちらのアーカイヴにもアップしている「占いとは何か」の中でも書いていますが、「占い」とは物理学の法則や数学の方程式のように、初期値を代入すれば自ずから答えが出てくるというものではありません。そういうものではなく、イメージをいかに捉まえるかという、ある種の芸術的創作活動や、職人芸のようなものであると思うのです。

占いの技術を鍛錬するトレーニングのひとつに「射覆」というものがあります。主に卜占、特に易占の世界でよく用いられるものです。
これは、例えば易の教室で、先生が「これなあんだ。当ててみて。」というお題を出します。また同時にいくつかヒントも出します。弟子(生徒)たちは一斉に卦を立て、そのお題が何であるか、当てるのです。得た象徴(卦)とヒントから推理を巡らし、正解に辿り着こうとする一種のクイズと言えましょう。

教室などでこれをやった場合、時に複数の正解者が出ることがあります。その場合、当てた人の卦を見ると、往々にして異なった卦を得ています。(稀に全く同じ卦を得ることもないとは言えませんが、確立的に言って、そのようなことはほとんどありません。)全く異なった卦を得たにもかかわらず、その正解者たちは正解に辿り着いたのです。

もしも「占い」が数学の方程式のようなものであるなら、違った卦から同じ答えが出てくることなど、あり得ません。占いは、そのようなものではなく、得た卦(象徴)のイメージを巡らし、ヒントという状況情報を整理し、そこから正解を推理しようとする知的活動なのです。ですから、違った得卦からも同じ正解に辿り着くことがあり得るのです。

命占の場合でも同様のことが言えます。全く同じ生年月日時生まれの人であっても、全く同じ答えが導き出されるとは限りません。「占い」で得た象徴情報は同一であっても、その人が存在する場の周辺情報は異なっているからです。ですから、占いの精度を上げようとすれば、占いの象徴を導きイメージを導き出す技術を向上させる(その占術に通じる)のはもちろんですが、いかに周辺情報を収集し整理することができるかが鍵となります。筮前の審事をおろそかにしてはいけません。

まさに占いが「術」とされる所以でしょう。

占いは術である以上、その結果は術者の技量に大きく左右されます。では、その技量を向上させるためにはどうすればよいのでしょう?
「術」である以上、その他の技術、すなわち武術やスポーツや楽器の演奏、つまり柔道や剣道や水泳やゴルフやフィギュアスケートやギターの演奏やピアノの演奏と同様、持って生まれたセンスに加え、それを磨く基礎訓練と反復練習、この他にはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

人に道を聞かれる天同星

天同星の特徴のひとつとして
街でよく道を聞かれるというものがあります。

天同星の持つ「社交性・柔和」という特質が表に出るのでしょうか。
たまたま、先日の名古屋でのセミナーで集まった3人、
偶然みな命宮に天同星を持っていました。

象意の解説の段で、このことを紹介したら
「いや、わたしも命宮天同でよく道を聞かれるんです。」
「僕もそうなんです、よく人に道を聞かれます。」
とのこと。

はからずも当日の3人限定ではこの仮説は成立したようです。
他の天同さん、いかがですか?(^^

さらにこんなエピソードが。。
紫微斗数の講座でしたが、少人数で自由な雰囲気で行いましたので
講義途中、談たまたま天冲殺、空亡の話になりました。
すると、なんと偶然3人ともが子丑空亡。
しかもその日は子の日だったという。
3人ともが空亡の日だったわけですね。

だから出がけに携帯を忘れて私は大遅刻をかましてしまったのか(^^;;
(って、ほんとにすみませんでしたm(__)m)
でも、空亡は物質面では凶とされていますが、精神面ではむしろ吉。
「占い」の「勉強」にはもってこいの日だったのでは、と(^^

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

紫微斗数とゴーオンジャー

前に、紫微斗数とサイボーグ009とか紫微斗数と水戸黄門とか、
14主星のイメージングのためには、こんなお遊びも面白いよ、
とアップしたのですが、

先日、東京教室の生徒さんが、ご自身のブログに
「紫微斗数とゴーオンジャー」を書いてくれました。

http://ameblo.jp/larten777/entry-10525253955.html#cbox

です。

なかなか面白い。
やっぱケガレシアさまは貪狼だよなあ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋出張講座

昨日、名古屋にて、臨時斗数セミナーを行いました。

これわ。。

関西紫微斗数セミナーの受講者で、名古屋在住のMさんが
お仕事の都合で2回目3回目が受講できない。
なので交通費を持つので名古屋で集中講義をやってくれないか、
というお申し出があり
また

東京セミナー受講者のH嬢が、途中参加で最初の頃の回を受講していない。
ぜひとも聞きたいので、名古屋までなら行きますわ。

とのお申し出もあり、
2人揃うなら、と
名古屋日帰り、集中7時間講座をやってきました。

羅氏斗数の生年盤解析の鑑法を一日で集中してやりましたので、
十分ご理解いただけたかどうか、気にはなりますが、
またその後の講義で質疑応答その他、フォローいたしましょう。

H嬢、いたくユングのタイプ論が気に入ったみたいでした。
リクエストがあれば、いくらでもまたしゃべりますよ(^^

今回集まった3人の共通項がわかって
とても面白い場面もありました。
天同星のひみつわ、また次のブログに書きましょう(笑)

講座後、Mさんにひつまぶしに連れてってもらったんですが、
いやあ、めちゃんこ美味しかった。
ぢつわひつまぶし食べるの、初めてだったのよね。
(だからリクエストしてしまった)

見た目は、ふつ〜の「うな丼」と変わりないのですが、
それを薬味で食べたり、お茶漬けにして食べたり
(話には聞いていたが、うな丼のお茶漬けがこんなにうまいとわ!)
堪能しました。

大阪でわ、ウナギのことを「まむし」と言うのですね。
子供の頃は、ヘビのマムシのことだと思っていたのですが
(だって、同じようにニョロニョロしてるから、
 その形を取ってまむし、と言うのかな、と)
ぢつわ、間蒸す、の意味なのだそうな。

大阪の(ホントの)うな丼は、ご飯とご飯の間にウナギが入っていて
そして、上にウナギが乗っかってる。
ご飯とご飯の間でウナギを蒸すから、「間蒸し」なのだそうな。

まあ、そんなことわどうでもいい。
車で送迎してくれたMさんはウーロン茶しか飲めないのに
私とH嬢は、グビグビ生ビールを飲んでましたとさ。
Mさん、ごめんねえ。
いや、なにからなにまでMさん、お世話になりました(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »