トップページ | とりあえず立ち上げました »

2009年10月12日 (月)

占術アーカイヴ・プロジェクト

このサイトは、あらゆる占術に関する資料を収集し公開することを目的にしています。

真摯に占術を学ぶ者にとり、すぐれた書籍・資料を入手することは極めて困難です。学ぶ者は、対象とする占術の資料・情報収集に多大な時間とエネルギーを要求されます。

ひとつは現代社会において「占い」というものがサブカルチャーに位置づけされ公的な機関やアカデミックな研究機関の対象にならないということがあります。

その結果、貴重な情報の集積と活用は個人技に頼るほかなく、それを学ぶ者は大きく立ちはだかる「秘伝」の壁に嘆息することになります。

もちろん「大先生」もその「秘伝」の習得には大変なコストと時間を費やし、つまり多大な「開発費」をかけてきたわけですし、サブカルチャーであるがゆえ、マーケットも極めて小さく、その結果単価を高く設定せざるを得ないというやむをえない理由もあるのです。

また、マーケットが小さいがゆえ、占術関係で名著良書とされるものも瞬く間に絶版となり入手できない、ということも珍しくありません。

一方、現在はIT技術の進化により、従来とは全く異なった手段ではるかに容易に迅速に、情報の蓄積・交換・利用ができる環境となりました。クリアすべき課題はたくさんありますが、IT環境を利用した占術総合情報サイトを目指したいと思います。

このアーカイブ・プロジェクトは、まだ立ち上がったばかりです。もとより浅学未熟の私が、ひとりで充実・完成させるべくもありません。多くの碩学博識の方々の手を借りてライブラリを充実させていきたいと思います。

また、ボランティアに頼るばかりでは難しい面もあると考えます。貴重な情報については有償配布の仕組により、提供者の方には何らかの利益を得ていただくような仕組みも考えていきたいと思いますが、その点については将来的な課題とさせていただきたく思います。

現時点では、情報提供者の方のご厚意に甘えるほかはありません。本旨にご賛同いただけた、心ある有志諸賢のご参加を心より願うものです。

とりあえずは私、椎羅が過去に記述してきた紫微斗数関連のドキュメントの公開からはじめたいと思います。

                  (2009.10.12)


■2010.10.07 ウェブページに「封神演義と紫微斗数」をアップしました。

■2010.10.12 ウェブページに「占いとは何か」をアップしました。

■2013.01.07 2013年春から紫微斗数講座を開講します。
       詳細はこちらhttp://the-fortuneteller.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-aa1b.html

■2013.08.10 2013年秋からの紫微斗数講座の詳細はこちら

http://the-fortuneteller.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-21b6.html

■2014.12.05 2014年秋からの紫微斗数講座の詳細はこちら 
http://the-fortuneteller.cocolog-nifty.com/blog/cat59582537/index.html

■2014.12.22 冬コミに出展します。詳細はこちら。
http://the-fortuneteller.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-11a6.html#comment-109506874

■2015.04.04 2015年4月からの紫微斗数講座の詳細はこちら

|

トップページ | とりあえず立ち上げました »